診療科紹介

県内でも有数の入院施設を有する皮膚科として、湿疹、アレルギー疾患、細菌・真菌感染症などのcommon diseaseから、膠原病や自己免疫性疾患、腫瘍性疾患まで、皮膚疾患全般を診療しております。

皮膚は内臓の鏡ともいわれ、内臓の病気を反映する皮膚病にも遭遇します。がんの皮膚転移、糖尿病、心疾患、肝臓病、妊娠、腎臓病など各種内臓疾患に伴う皮膚疾患がこれに該当します。また全身的免疫異常を伴う膠原病、水疱病や原因不明の乾癬も全身病としての皮膚疾患が考えられます。このように日常的に全身的疾患背景に留意しながら、診療に当たっているのも皮膚科の特徴です。
特に診断困難例には正確な最終診断を得るために皮膚病理専門医と共に病理組織学的、免疫組織化学的検討をルーチンに行っています。

主な対象疾患と治療法

掻痒性皮膚疾患、水疱症、乾癬、脱毛症、感染性皮膚疾患、良・悪性皮膚腫瘍など。
蜂窩織炎、帯状疱疹は抗生剤や抗ウイルス剤を使用します。
天疱瘡は診断から治療まで当院で行います。
鹿児島大学病院と連携し、診療します。

所属医師

医長
有村 亜希子
皮膚科全般
[資格・所属学会等]
日本皮膚科学会皮膚科専門医
緩和ケア研修修了医
有村 亜希子
非常勤医師
瀬戸山 充
皮膚病理学
掻痒性皮膚疾患
皮膚良性・悪性腫瘍
[資格・所属学会等]
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
宮崎大学名誉教授(前皮膚科主任教授)
瀬戸山 充

専門外来

潰瘍性皮膚疾患・皮膚腫瘍専門外来 毎週火曜午前 瀬戸山充医師

外来担当表