総合案内はこちら
受付時間
平日午前 /  8:30~11:30
(診療時間9:00~)
午後 / 13:30~16:00
(診療時間14:00~)
土曜(第1第3) 午前 / 
 8:30~11:30
(診療時間9:00~)
休診日
第2第4第5土曜終日・第1第3土曜午後
日曜・祝日・年末年始
お問い合わせ
文字サイズ
標準
特大
総 合 案 内
診察受付時間 平日 8:30~11:30  (診察時間 9:00~)
13:30~16:00  (診察時間14:00~)
土曜(第1第3) 8:30~11:30  (診察時間 9:00~)
休診日 第2第4第5土曜終日・第1第3土曜午後
日曜・祝日・年末年始
外来診療予約センター
専用電話番号 099-203-9100  専用FAX番号 099-203-9101
ご予約受付時間(平日 9:00~17:00 土曜 9:00~12:00)
診療科によって休診になる場合もあります。休診のお知らせをご覧ください。
診療部門
受診される方

カルテ開示について

当院では、診療記録(カルテ)の開示を希望される場合、以下の手続きが必要です。

開示要項

●診療記録開示要項(PDF)
当院の診療記録開示要項になります。
受付時間、料金など他詳細は上記リンクよりご覧ください。

手続き

申請には本人確認書類と申請書類等の提出が必要になります。
申込者によって申込方法が異なります。

必要書類は下記をご参照ください。
必要書類をご準備していただき、直接ご来院いただくか、または郵送にてお申し込みください。

申込者 必要書類一覧
患者さまご本人用 ①診療記録等開示請求申込書(PDF)
②診療記録開示請求に関する同意書(PDF)
③開示請求者本人確認書類の写し
 →運転免許証、マイナンバーカード、パスポート等
ご本人以外
(ご家族等)
①診療記録等開示請求申込書(PDF)
②診療記録開示請求に関する同意書(PDF)
③開示請求者本人確認書類の写し
 →運転免許証、マイナンバーカード、パスポート等
④診療記録開示 委任状 (ご遺族の方は不要)(PDF)
⑤患者本人との関係が証明できる書類の本書もしくは写し
 →戸籍謄本、戸籍抄本等
法律事務所
民間保険会社
①貴社または貴所にて作成された依頼書
②診療記録開示請求に関する同意書(PDF)
③診療記録開示 委任状(PDF)
 →既にご用意されている委任状がありましたらそちらでも構いません。

問い合わせ先・郵送先

TEL:099-252-1090
〒890-0051 鹿児島市高麗町43番25号
公益社団法人昭和会 いまきいれ総合病院 診療情報管理課 宛

広報誌うららか

うららか2022夏号
〇糖尿病内科での診察、検査の流れ
〇夏!栄養満点時短レシピ
〇Let’sのどトレーニング

医療機関向け広報誌 connect

connect 3号 2022年7月
〇泌尿器科
〇循環器内科
〇無呼吸・いびき外来・ほか

connect 2号
〇小児アレルギー外来
〇リンパ浮腫外来
〇脳ドック外来

connect 創刊号 2022年1月
〇開院1周年
〇土曜外来が変わりました
〇いまきいれ総合病院のコロナ対策

公益社団法人昭和会は、昭和13年に鹿児島市上町地区で今給黎医院として開業し、創設者 今給黎満幸が掲げた「24時間断らない医療」をモットーに、全県下・離島の救急患者を積極的に受け入れ、地域医療に貢献してきました。その理念、信条は全科オンコールの救急体制など現在の診療にも受け継がれ、鹿児島市の中核病院として急性期医療を提供して参りました。  今後もこれまで培ってきた医療の継続をコンセプトに、救急・がん診療・周産期医療の3本の柱を掲げ、令和3年1月に『いまきいれ総合病院』として高麗町に移転いたしました。  新しい『いまきいれ総合病院』では働きやすい環境を整備することで効率化をはかり、更に充実した医療を提供し、地域に貢献していくため、企業や個人の皆様方から幅広く寄付金を受け付けております。  当法人は、これからもその活動を確かなものにするために、さらなる皆様のお力添えを心中からお願いする次第です。 皆様方には、格別のご支援・ご協力をくださいますようお願い申し上げます。

公益社団法人昭和会 理事長 今給黎 和幸

寄付金の使途について

寄付金の使途をご指定いただいた場合は、その使途に従って使用させていただきます。

  1. 救急・がん診療・周産期医療に対する医療機器の整備
  2. 医療スタッフの教育育成・研修支援
  3. 地域社会への貢献活動
  4. 感染医療に対する医療従事者への支援

税制上の優遇措置について

所得税法第78条第2項第3号に掲げる寄付金税額控除制度の対象となります。

寄付の特典

  • 御礼状を送付
  • 寄付者名を掲示(希望者のみ)
  • 病院見学

寄付申込書

寄付に関する担当窓口

公益社団法人昭和会 人事総務経理課 末吉(寄付金担当)
場所 890-0051 鹿児島市高麗町43番25号
電話 099-252-1090
FAX 099-203-9119
E-MAIL zaimu@imakiire.or.jp

交通機関・アクセスマップ

市電 / 1系統(鹿児島駅・谷山線)「二中通」電停下車

バス / 「二中通」バス停下車
市営バス・鹿児島交通バスをご利用ください。

駐車場のご案内

※ホテル・サービス棟工事中のため、ご迷惑をおかけ致します。

キラメキ南国パーキング(南国殖産(株))について

●キラメキ南国パーキング 立体駐車場 60分 / 300円

当院診療・治療の方 駐車場入場後 60分 / 100円

※駐車券を院内にお持ちいただき、1階または2階受付にて割引処理を受けてください。

外来患者様 有料 60分 100円
(最大12時間まで)
※最大12時間まで割引が適用されます。それ以上の駐車の場合は60分/300円で課金となります。

当日手術を受ける患者様家族
※病棟師長印で割引になります
有料 60分 100円※
(最大12時間まで)
当日入退院をされる患者様家族
※病棟師長印で割引になります
有料 60分 100円※
(最大12時間まで)
お見舞いの方
業者の方
有料
60分 300円
原則として患者様優先駐車場のため、他の方は有料となっております。
(但し、入庫後15分以内での退出は無料となります。)ご理解ご協力の程お願いいたします。

救急専用駐車場のご案内

月~土曜 8:30~17:30 60分 500円
17:30~8:30 60分 300円
日曜・祝日 8:30~17:30 60分 300円
17:30~8:30 60分 300円
17:30以降に救急診療を受けた場合は、駐車券を院内へお持ちいただき割引処理を受けてください。

身障者駐車場をご利用の方へ

いまきいれ総合病院は正面玄関前に4台、救急専用駐車場に1台駐車が可能です。

駐車場ご利用時の注意事項

【禁止行為】
他の自動車の駐車を妨げること
駐車場の施設、備品等及び駐車中の自動車を汚損、又は破損する恐れのある行動をすること
物品の販売、宣伝等の営利行為をすること
このほか、駐車場の管理に支障をおよぼす行為
駐車の拒否(以下のいずれかに該当する場合は、駐車場の利用をお断りします)
自動車に発火性または引火性の危険物を搭載しているとき
駐車場の施設、備品等の汚損、又は破損するおそれがあるとき
このほか、駐車場管理に支障があるとき

【損害賠償】
利用者が駐車場の施設、設備等を故意または過失により汚損、 破損したときは、管理者の指示により、利用者に原状復帰又はその損害を賠償していただきます。

【免責】
当院は駐車場内で発生した自動車事故、盗難その他の事故又は 火災等管理者の責めに帰さない事由による損害については、当院は一切その責任を負いません。

【その他】
不法駐車をした場合は、判明した時点で即自動車を撤去いたします。撤去にかかる費用は全額自動車所有者へ請求いたします。

各フロアのご案内

>> googleストリートビューでも院内をご覧いただけます

立体駐車場への出入口は以下の時間帯にご利用できます。
平日 8:30〜18:00 土曜 8:30〜13:00
時間外・日・祝日は1階正面入口をご利用ください。
※キラメキテラスヘルスケアホスピタル側の出入口はご利用できません。

施設認定

指定医療機関等

  • 保険医療機関
  • 国民健康保険医療取扱機関
  • 労災保険指定病院
  • 労災保険二次健診等給付病院
  • 生活保護法指定病院
  • 障害者自立支援法「更生医療」「育成医療」指定病院(整形外科・形成外科・耳鼻咽喉科・腎臓・免疫・口腔に関する医療)
  • 障害者自立支援法「精神通院医療」指定病院(神経内科に関する医療)
  • 感染症法(第37条の2)指定病院
  • 原子爆弾被爆者医療法一般疾病医療取扱病院
  • 母体保護法指定病院「不妊手術」
  • 特定疾患治療研究事業に係る医療指定病院
  • 小児慢性特定疾患治療研究事業に係る医療指定病院
  • 先天性血液凝固因子障害等治療研究事業に係る医療指定病院
  • 母子保健法指定病院「養育医療」
  • 出入国管理及び難民認定法指定病院
  • 救急告示病院
  • 県へき地医療拠点病院(遠隔医療支援)
  • 基幹型臨床研修病院
  • 厚生労働省 DPC対象病院
  • 県指定 かごしま子育て応援企業
  • 産科医療補償制度加入医療機関
  • 県女性医師復職研修事業指定病院
  • 県指定 地域周産期母子医療センター
  • 県消防・防災ヘリコプター救患搬送医師搭乗システム輪番病院
  • 厚生労働省指定 地域がん診療連携拠点病院
  • 歯科医師臨床研修病院(協力型)
  • 県エイズ治療協力病院
  • 県指定 地域医療支援病院
  • AMAT(全日本病院医療支援班)病院
  • 鹿児島県DMAT(災害派遣医療チーム)指定病院
  • 洋上救急業務支援協力医療機関
  • 厚生労働省 医薬品・医療器具安全性情報協力施設
  • 県脳卒中情報システム推進事業の情報提供協力医療機関
  • 県重症難病医療協力病院(短期入所施設)
  • 鹿児島市高規格救急車指示病院
  • 県広域災害医療情報システム(EMIS)登録病院
  • 市指定 にこにこ子育て応援隊認定企業
  • 県地域周産期医療支援病院
  • 各種健診(検診)・予防接種等受託医療機関
  • 鹿児島県消化器集団検診精密検査医療機関
  • NCD登録施設

2022.8現在

学会等認定施設一覧

  • 日本血液学会認定血液研修施設
  • 日本消化器管学会 胃腸科指導施設
  • 日本消化器内視鏡学会専門医指導施設
  • 日本消化器病学会専門医制度認定施設
  • 日本胆道学会指導医制度指導施設
  • 鹿児島県消化器集団検診精密検査医療機関
  • 日本循環器学会循環器専門医研修関連施設
  • 日本神経学会専門医制度教育施設
  • 日本脳卒中学会一次脳卒中センター
  • 日本呼吸器学会専門医制度関連施設
  • 日本外科学会専門医制度修練施設
  • 日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医制度関連認定施設
  • 呼吸器外科専門医合同委員会専門研修基幹施設
  • 日本整形外科学会専門医研修施設
  • 日本脊髄病学会脊髄外科専門医基幹研修施設
  • 日本形成外科学会認定医研修施設
  • 日本手外科学会研修施設
  • 日本産科婦人科学会専門研修連携施設
  • 日本周産期・新生児医学会周産期専門医(新生児)暫定研修施設
  • 日本周産期・新生児医学会周産期専門医(母胎胎児)暫定研修施設
  • 日本泌尿器科学会専門医教育施設
  • 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会インプラント実施施設
  • 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会エキスパンダー実施施設
  • 日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設
  • 日本気管食道科学会認定気管食道科専門医研修施設(咽頭系)
  • 日本麻酔科学会麻酔科標榜研修施設
  • 日本IVR学会専門医修練施設
  • 日本医学放射線学会放射線科専門医修練機関
  • 日本放射線腫瘍学会 認定施設
  • 日本病理学会研修登録施設
  • 日本臨床細胞学会認定施設
  • 日本口腔外科学会専門医制度研修施設
  • 日本がん治療認定医機構 認定研修施設
  • 日本口腔ケア学会口腔ケア認定施設
  • 日本緩和医療学会認定研修施設
  • 日本病院薬剤師会がん薬物療法認定薬剤師研修事業認定研修施設
  • 日本栄養療法推進協議会NST稼動施設
  • 日本臨床栄養代謝学会NST稼動施設
  • 日本臨床衛生検査技師会・精度管理保証施設
  • 日本臨床神経生理学会認定施設
  • 日本糖尿病学会認定教育施設Ⅰ
  • 日本医学放射線学会画像診断管理認証施設
  • 日本血液学会認定専門研修教育施設
  • 下肢静脈瘤に対する血管内治療実施基準による実施施設
  • 日本臨床腫瘍薬学会がん診療連携研修病院認定
  • 日本糖尿病学会認定教育施設
  • 浅大動脈ステントグラフト実施基準管理委員会 浅大動脈ステントグラフト実施施設
  • 日本臨床細胞学会教育施設
  • 日本鼻科学会鼻科手術認可研修施設

2022.8現在

施設基準届出一覧

基本診療料の施設基準等

  • 初診料(歯科)の注1に掲げる基準
  • 一般病棟入院基本料
  • 総合入院体制加算3
  • 救急医療管理加算
  • 超急性期脳卒中加算
  • 診療録管理体制加算1
  • 医師事務作業補助体制加算1
  • 急性期看護補助体制加算
  • 看護職員夜間配置加算
  • 療養環境加算
  • 重症者等療養環境特別加算
  • 無菌治療室管理加算2
  • 緩和ケア診療加算
  • 栄養サポートチーム加算
  • 医療安全対策加算1
  • 感染防止対策加算1
  • 患者サポート体制充実加算
  • 褥瘡ハイリスク患者ケア加算
  • ハイリスク妊娠管理加算
  • ハイリスク分娩管理加算
  • 呼吸ケアチーム加算
  • 後発医薬品使用体制加算1
  • データ提出加算
  • 入退院支援加算1.3
  • 入院時支援加算
  • 認知症ケア加算
  • せん妄ハイリスク患者ケア加算
  • 精神疾患診療体制加算
  • 地域医療体制確保加算
  • ハイケアユニット入院医療管理料1
  • 新生児特定集中治療室管理料1
  • 小児入院医療管理料4
  • 入院時食事療養/生活療養(Ⅰ)
  • 歯科疾患管理料の注11に掲げる総合医療管理加算及び歯科治療時医療管理料

2022.7現在

特掲診療料の施設基準等

  • 外来栄養食事指導料の注2
  • がん性疼痛緩和指導管理料
  • がん患者指導管理料イ
  • がん患者指導管理料ロ
  • がん患者指導管理料ハ
  • がん患者指導管理料ニ
  • 外来緩和ケア管理料
  • 乳腺炎重症化予防ケア・指導料
  • 婦人科特定疾患治療管理料
  • 院内トリアージ実施料
  • 夜間休日救急搬送医学管理料の注3に掲げる救急搬送看護体制加算
  • 外来放射線照射診療料
  • ニコチン依存症管理料
  • 療養・就労両立支援指導料の注3に掲げる相談支援加算
  • 開放型病院共同指導料
  • がん治療連携計画策定料
  • 薬剤管理指導料
  • 医療機器安全管理料1
  • 医療機器安全管理料2
  • 在宅酸素療法指導管理料の注2に掲げる遠隔モニタリング加算
  • 在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料の注2に掲げる遠隔モニタリング加算
  • 持続血糖測定器加算(間歇注入シリンジポンプと連動する持続血糖測定器を用いる場合)及び皮下連続式グルコース測定
  • 精密触覚機能検査
  • BRCA1/2遺伝子検査(血液を検体とするもの)
  • BRCA1/2遺伝子検査(腫瘍細胞を検体とするもの)
  • HPV核酸検出及びHPV核酸検出(簡易ジェノタイプ判定)
  • 検体検査管理加算(Ⅳ)
  • 時間内歩行試験及びシャトルウォーキングテスト
  • 神経学的検査
  • 補聴器適合検査
  • 画像診断管理加算1
  • 画像診断管理加算2
  • CT撮影及びMRI撮影
  • 冠動脈CT撮影加算
  • 心臓MRI撮影加算
  • 抗悪性腫瘍剤処方管理加算
  • 外来化学療法加算1
  • 連携充実加算
  • 無菌製剤処理料
  • 心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • がん患者リハビリテーション料
  • 歯科口腔リハビリテーション料2
  • 静脈圧迫処置(慢性静脈不全に対するもの)
  • 人工腎臓
  • 導入期加算1
  • 透析液水質確保加算及び慢性維持透析濾過加算
  • CAD/CAM冠
  • センチネルリンパ節加算
  • 組織拡張器による再建手術(乳房(再建手術)の場合に限る。)
  • 後縦靱帯骨化症手術(前方進入によるもの)
  • 椎間板内酵素注入療法
  • 鏡視下咽頭悪性腫瘍手術(軟口蓋悪性腫瘍手術を含む。)
  • 鏡視下喉頭悪性腫瘍手術
  • ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後)
  • 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除で内視鏡支援機器を用いる場合)
  • 食道縫合術(穿孔、損傷)(内視鏡によるもの)、内視鏡下胃、十二指腸穿孔瘻孔閉鎖術、胃瘻閉鎖術(内視鏡によるもの)、等
  • ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
  • 腹腔鏡下膵腫瘍摘出術
  • 腹腔鏡下膵体尾部腫瘍切除術
  • 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術
  • 腹腔鏡下膀胱悪性腫瘍手術
  • 腹腔鏡下小切開膀胱悪性腫瘍手術
  • 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術
  • 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの)
  • 腹腔鏡下仙骨膣固定術
  • 医科点数表第2章第10部手術の通則の16に掲げる手術
  • 輸血管理料Ⅰ
  • 輸血適正使用加算
  • 貯血式自己血輸血管理体制加算
  • 人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算
  • 胃瘻造設時嚥下機能評価加算
  • 麻酔管理料(Ⅰ)
  • 歯科麻酔管理料
  • 放射線治療専任加算
  • 外来放射線治療加算
  • 高エネルギー放射線治療
  • 1回線量増加加算
  • 画像誘導放射線治療(IGRT)
  • 定位放射線治療
  • 病理診断管理加算1
  • 悪性腫瘍病理組織標本加算
  • クラウン・ブリッジ維持管理料
  • 酸素の購入単価

2021.4現在

理事長 ご挨拶

「いまきいれ総合病院」は、鹿児島市の中心部からほど近い高麗町(旧鹿児島市交通局跡地)にある350床の急性期病院です。下竜尾町にて開院以来80年超の歴史を有し、令和3年1月1日より当地にて診療を行っています。

診療科数は30を集約、これまでの実績を活かし、地域がん診療連携拠点病院としての発展、救急医療や周産期医療の拡充などを柱に、地域の医療機関と緊密に連携し、ロボット支援下手術など、高度で専門性の高い急性期医療の強化・提供を行っています。

さらに複合施設「キラメキテラス」の共同事業として、多世代が互いに支え合い、人が地域・社会と結びつく、ヒューマンライフラインの構築により地域活性、地方再生にも貢献します。

理事長 今給黎 和幸

役員

理事長
今給黎 和幸

いまきいれ総合病院 院長
濱崎 秀一

基本理念

-協力-
全職員の協力体制

-貢献-
地域社会への貢献

-向上-
自己研鑽と向上心

-教育-
人材育成と教育

基本方針

  • 質の高い医療の提供を目指し、全職員一致協力して努力します。
  • 生命の尊さを認識し、地域社会に貢献します。
  • 常に向上心を持って、自己研鑽に励みます。
  • 教育病院として、質の高い人材育成に努めます。

運営方針

  1. 地域のセンター病院として、最新・最高の医療を提供すべく、高度の医療機器を充実し、全職員の医学研修を推進する。そのために、各分野関連の大学各教室・各研究機関との交流に努め、また夫々の学会参加を助成する。
  2. 高度医療機器の公開利用に努め、最新で効率的且つ倫理的医療の充実を図る。
  3. 救急医療24時間受け入れ体制の充実。
    当病院全職員(全科オンコール体制)の協力のもとに24時間体制で全県下・離島の救急患者を積極的に受け入れ救急医療の使命を達成する。
  4. 21世紀の少子高齢化社会の医療に対応すべく、地域の保健・医療・福祉施設と密な連携に努め、有効的な医療の提供を図る。
  5. 地域に開かれた病院を目指し、健康増進活動に積極的に取り組み、 活動の充実・発展を図る。
  6. 経営陣は働きやすい職場環境の創世に努め、職員満足度を高めるとともに、教育を通して良質な人材を育成し、持続可能な病院運営を目指す。

いまきいれ総合病院が注力している3つの医療

いまきいれ総合病院

病院の名称
いまきいれ総合病院
Imakiire General Hospital
開設者
代表理事 今給黎 和幸
管理者
院長 濱崎 秀一
病院の所在地
〒890-0051 鹿児島市高麗町43番25号(かごしましこうらいちょう)
43-25 Korai cho Kagoshima city, Kagoshima 890-0051, JAPAN
連絡先
電話番号: 099-252-1090
FAX番号 : 099-203-9119
標榜科 (30診療科)
内科、糖尿病内科、血液内科、脳神経内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、小児科、外 科、消化器外科、乳腺外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、呼吸器外科、血管外科、皮膚科、泌尿器科、産科、婦人科、新生児内科、頭頸部・耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線診断科、放射線治療科、歯科、歯科口腔外科、麻酔科、救急科、病理診断科
病床種別及び 届出・許可病床数
350床
高度急性期病床31床(HCU10床、NICU9床・GCU12床)
急性期病床319床

フロアマップ

〇フロアマップはこちら
〇googleストリートビューでの閲覧はこちら

沿革

1938(昭和13)年 7月
鹿児島市下竜尾町11番地に外科医開業
1947(昭和22)年 11月
鹿児島市下竜尾町34番地に今給黎病院開設(24床)
1955(昭和30)年
鉄筋コンクリート2階建 病棟新築(50床認可)
1957(昭和32)年 6月
65床認可
1960(昭和35)年 5月
80床認可
1964(昭和39)年 5月
「医療法人昭和会」設立(120床)
1965(昭和40)年 7月
民法第34条による「財団法人昭和会」設立
1967(昭和42)年 1月
160床認可
1969(昭和44)年 4月
鉄筋コンクリート3階建病院新築
1970(昭和45)年 10月
220床認可
1978(昭和53)年 10月
鉄筋コンクリート7階建本館新築(300床)
1979(昭和54)年 3月
325床認可
1987(昭和62)年 9月
別館4階建新築、本館・別館の連絡路として地下道完成
1988(昭和63)年 1月
450床認可、本館全面改装、総合医療各診療科整備
1989(平成元)年 12月
今給黎総合病院 認可 17診療科
1997(平成9)年 9月
外来患者専用自動管理式駐車場完成
1998(平成10)年 3月
医局棟3階建新築
2001(平成13)年 3月
(財)日本医療機能評価機構「認定証」(一般病院種別B)取得
2002(平成14)年 1月
民間ビル(3階建),事務棟として購入
2003(平成15)年 10月
医師臨床研修指定病院 指定
2005(平成17)年 5月
「昭和会クリニック」開院 (診療録の電子化開始)
2005(平成17)年 12月
今給黎総合病院(外来診療録の電子化開始)
2006(平成18)年 8月
歯科・歯科口腔外科開設 (23診療科)
2007(平成19)年
今給黎総合病院 27診療科
2007(平成19)年 10月
リニアック棟造築(稼働開始)
2009(平成21)年 12月
「公益財団法人昭和会」へ法人名称変更
2010(平成22)年 2月
今給黎総合病院(入院診療録の電子化開始)
2012(平成24)年 4月
地域がん診療連携拠点病院指定
2013(平成25)年 3月
地域医療支援病院認定
2018(平成30)年 4月
「公益社団法人昭和会」へ法人名称変更
2018(平成30)年 9月
鹿児島県DMAT(災害派遣医療チーム)指定病院
2021(令和3)年 1月1日
「いまきいれ総合病院」「上町いまきいれ病院」開院
2021(令和3)年 2月2日
アトリウム開通

昭和会のロゴマークについて

ロゴマークは昭和会の「S」と今給黎の「I」をモチーフに、「S」を表す円と繋がりは、働く人・総合力・コミュニケーションを意味し、患者様に見立てた「I」という1人に対して、積極的に立ち向かう姿勢を表現したものです。 また黄緑は優しさ・温かさ、水色は誠実さ・清潔感をイメージしたものです。

いまきいれ総合病院 キャッチコピー

つながる医療、つながる生命(いのち)

> >