看護師特定行為の包括同意について

 当院には、厚生労働省「特定行為に係る看護師の研修制度」の協力施設であり、研修を修了した看護師がおります。
 看護師として一定の経験を有し、かつ専門的な研修を受けた看護師が医師の指示を受け、特定の医療行為を実施することがあります。
 医師と連携し安全には十分配慮して行いますが、患者さまはいつでも拒否を申し出ることができ、それにより何ら不利益を被ることはありません。
 何卒、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

主な特定行為

1)呼吸器(気道確保に係わるもの)関連
 ・経口用気管チューブまたは経鼻用気管チューブの位置調整
2)呼吸器(人工呼吸療法に係わるもの)関連
 ・侵襲的陽性管理の設定の変更
 ・人工呼吸器からの離脱
3)動脈血液ガス文責関連
 ・直接動脈穿刺法による採血
 ・橈骨動脈ラインの確保
4)栄養及び水分管理に係わる薬剤投与関連
 ・脱水症状に帯する輸液による補正
5)術後疼痛管理関連
 ・硬膜外カテーテルによる鎮痛剤の投与及び投与量の調整
6)循環動態に係わる薬剤投与関連
 ・持続点滴中の糖質輸液または電解質輸液の投与量の調整

「特定行為に係る看護師の研修」についてご相談がある場合には、患者サポート窓口をご利用下さい。