公益社団法人昭和会は、昭和13年に鹿児島市上町地区で今給黎医院として開業し、創設者 今給黎満幸が掲げた「24時間断らない医療」をモットーに、全県下・離島の救急患者を積極的に受け入れ、地域医療に貢献してきました。その理念、信条は全科オンコールの救急体制など現在の診療にも受け継がれ、鹿児島市の中核病院として急性期医療を提供して参りました。  今後もこれまで培ってきた医療の継続をコンセプトに、救急・がん診療・周産期医療の3本の柱を掲げ、令和3年1月に『いまきいれ総合病院』として高麗町に移転いたしました。  新しい『いまきいれ総合病院』では働きやすい環境を整備することで効率化をはかり、更に充実した医療を提供し、地域に貢献していくため、企業や個人の皆様方から幅広く寄付金を受け付けております。  当法人は、これからもその活動を確かなものにするために、さらなる皆様のお力添えを心中からお願いする次第です。 皆様方には、格別のご支援・ご協力をくださいますようお願い申し上げます。

公益社団法人昭和会 理事長 今給黎 和幸

寄付金の使途について

寄付金の使途をご指定いただいた場合は、その使途に従って使用させていただきます。

  1. 救急・がん診療・周産期医療に対する医療機器の整備
  2. 医療スタッフの教育育成・研修支援
  3. 地域社会への貢献活動
  4. 感染医療に対する医療従事者への支援

税制上の優遇措置について

所得税法第78条第2項第3号に掲げる寄付金税額控除制度の対象となります。

寄付の特典

  • 御礼状を送付
  • 寄付者名を掲示(希望者のみ)
  • 病院見学

寄付申込書

寄付に関する担当窓口

公益社団法人昭和会 人事総務経理課 末吉(寄付金担当)
場所 890-0051 鹿児島市高麗町43番25号
電話 099-252-1090
FAX 099-203-9119
E-MAIL zaimu@imakiire.or.jp