文字サイズ
文字サイズ標準
文字サイズ大
フォントサイズ特大
  • ご来院のみなさまへ
  • 診療部門のご案内
  • 地域の医療関係者さまへ
  • 病院のご案内
  • 採用情報
ホーム > 診療部門のご案内 > 泌尿器科 [今給黎総合病院]

泌尿器科 [今給黎総合病院]

診療外来:今給黎総合病院

日本泌尿器科学会 認専門医教育施設

日本泌尿器科学会 基幹教育施設

年次報告はこちら
所属医師
名前 写真 資格・所属学会等 専門分野

部長

中目 康彦

日本泌尿器科学会泌尿器科専門医・指導医

日本透析医学会 認定医

泌尿器科一般

部長

立和田 得志

日本泌尿器科学会泌尿器科専門医・指導医

日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

日本泌尿器内視鏡学会

 泌尿器腹腔鏡技術認定医

医学博士(鹿児島大学)

泌尿器科一般

低侵襲手術

(腹腔鏡下手術、

 ミニマム創手術)

尿路変向

(特に代用膀胱) 

部長

恒吉 研吾

日本泌尿器科学会泌尿器科専門医・指導医

日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

日本泌尿器内視鏡学会

 泌尿器腹腔鏡技術認定医

医学博士(鹿児島大学)

泌尿器科一般

泌尿器癌治療

科長

米澤 智一

日本泌尿器科学会泌尿器科専門医・指導医

日本泌尿器内視鏡学会

 泌尿器腹腔鏡技術認定医

泌尿器科一般

医長

上村 康介

日本泌尿器科学会泌尿器科専門医

泌尿器科一般

非常勤医師
(外来 月曜)

西山 賢龍

日本泌尿器科学会泌尿器科専門医・指導医

日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

日本泌尿器内視鏡学会

泌尿器腹腔鏡技術認定医

前鹿児島大学医学部泌尿器科准教授

医学博士(鹿児島大学)

泌尿器科一般

腎癌

分子標的薬治療

外来担当表

外来担当表はこちら


変更がある場合もあります。
「休診・変更のお知らせ」の情報も合わせてご確認ください。 

ただし、 当日の情報はお電話にてお問い合わせ下さい。

泌尿器科外来 今給黎総合病院 : 099-226-2211

泌尿器科外来について 

科では泌尿器科常勤医5名(中目、立和田、恒吉、米澤、上村)及び非常勤医(西山:前鹿児島大学泌尿器科准教授)にて診療を行っています。

 

当科が診療する領域は、副腎、尿路(腎、尿管、膀胱、尿道)及び男性生殖器(前立腺、陰茎、精巣)の悪性腫瘍を中心に、良性疾患である前立腺肥大症や尿路感染症、尿路結石、女性の骨盤内臓器脱(膀胱脱、子宮脱など)まで、内科的治療、外科的治療、放射線治療などを単独もしくは組み合わせて治療しています。

(急性腎不全の治療は行っていますが、慢性腎不全に対する血液透析は入院患者さまのみに行っており、外来維持透析は行っておりません。)

 

当院ではCT検査まですぐに行える体制ですので、可能な限りその日のうちに診断、治療をたてるようにしています。

 

手術は腹腔鏡手術に力をいれており、鹿児島県内では最多となる4人の腹腔鏡技術認定医が在籍しています。3D内視鏡システムを導入しており、精度の高い手術が可能となり、早期腎癌に対する腎部分切除や筋層浸潤性膀胱癌に対する膀胱全摘術もほぼすべて腹腔鏡下に行っています。

 

前立腺癌に対しては、腹腔鏡手術から密封小線源治療(ブラキセラピー)を含む放射線治療まで行っており、個々の患者さまにあった治療の選択が可能です。

腹腔鏡手術

従来の開腹手術と比べ、皮膚や筋肉を切開する範囲がとても小さく済むため、術後の疼痛が軽く、早期離床、早期社会復帰が可能となります。また、3D内視鏡下の拡大視野で手術を行うため、繊細な手術が可能で出血も少なくなります。

 

当科では常に複数の腹腔鏡技術認定医が手術に携わり、安全に施行するようにしています。以下に具体的な手術に関し、簡単に述べます。

腹腔鏡下腎部分切除術

腎臓は2個ありますが、1個まるごと摘出すると腎機能はおち、腎不全、血液透析に至る可能性を高めます。腎癌に関しては部分切除が可能な症例が多く存在します。腫瘍が大きくなればなるほど、腹腔鏡下腎部分切除術は高度の技術を必要としますが、当科では可能な限り腎機能を温存するために、腹腔鏡下腎部分切除術を積極的に行っています。

 

腹腔鏡下前立腺全摘術

前立腺癌に対し、腹腔鏡下に前立腺を摘出し、尿道と膀胱を吻合する手術で、H29年3月までに260症例に対し行っています。  当科での腹腔鏡下前立腺全摘術(LRP)は、ロボット手術(RALP)と同様に3D内視鏡下に詳細な視野で行っており、繊細な手術が可能です。

 

前立腺は腹腔内臓器ではなく、後腹膜(腹膜外)に存在する臓器ですが、LRPは、RALPと異なり腹腔内に入ることなく、後腹膜のみで手術を行います。

 

LRPとRALPは、出血量や傷の大きさ、術後の回復期間は全く変わりなく、当科では術後1週間前後で退院可能です。また、当科のLRPの手術成績(制癌性、術後尿失禁率等の機能温存、合併症、手術時間)は、RALPに遜色のない結果になっています。

 

腹腔鏡下膀胱全摘術

膀胱筋層まで浸潤した膀胱癌に対して行う手術です。腹腔鏡下に行うことにより、傷が小さいため術後回復が早く、出血や術後腸閉塞のリスクが開腹術に比べ格段に少なくなります。

また、膀胱を摘出すると同時に尿路変向(尿の通り道を変える)必要がありますが、当科では可能な限り、回腸を利用した自然排尿型代用膀胱を選択しています。

 

腹腔鏡下膀胱脱手術
女性の骨盤内臓器脱は経膣的にメッシュを用いたTVM手術を行っていましたが、H29.1月より腹腔鏡下仙骨膣固定術を開始しました。病態、患者さんのご希望にあわせて手術法は選択しています。

診療実績

平成28年の主要手術
分類
手術
前立腺
腹腔鏡下前立腺全摘術
77
経尿道的前立腺切除術
47
密封小線源治療
12

副腎

尿管

腹腔鏡下副腎摘出術
2
腹腔鏡下腎摘出術
5
腹腔鏡下腎部分切除術
16
腹腔鏡下腎尿管全摘術 11
分類
手術
件数
膀胱
腹腔鏡下膀胱全摘術
+代用膀胱造設術
2
腹腔鏡下膀胱全摘術
+回腸導管造設術
2
腹腔鏡下膀胱全摘術
+尿管皮膚瘻造設術
1
開腹全尿路全摘術
1
経尿道的膀胱腫瘍切除術
1

骨盤内
蔵器脱

TVM手術※ 4

 

※ H29.1月より腹腔鏡下仙骨膣固定術を開始しました。

〒892-8502 鹿児島市下竜尾町4番16号



モバイルサイトはこちら(QRコード)