リハビリテーション部

私たちリハビリテーション部の役割

1日でも早い社会復帰が実現できるように、私たちリハビリテーション部では、病気や怪我による後遺症に対して、できるだけ早い時期からリハビリを始めるように努めています。

発症直後の不安定な状態を理解し、急変時に適切な対応ができるよう研修を重ねています。各種療法の専門的な立場から、心身機能の回復や代償法(失われた機能に代わる手段の検討)、種々の援助、指導を総合的に行っています。

各種療法 特徴と内容
理学療法場面

無用な安静を回避し、集中治療室での体位変換から、
一般病棟での基本動作の獲得、車椅子移乗までをひとつの目標と考えています。

作業療法場面

精神機能評価と賦活、回復期の状態を予測した視点をもって、
食事や排泄など、必要な日常の生活動作から介入を始めます。

言語聴覚士療法場面

摂食嚥下機能の評価と訓練を行い、経口摂取開始のタイミングを

慎重に提案していきます。他に、聴覚検査の実施、認知症や高次脳機能などの

精神機能面の評価、人工内耳の聴こえの調整や電極の状態確認など、

診療補助的な役割も担っています。

職員が協力して療養生活をサポートします。
ケースカンファレンスへの参加

医師、看護師、MSW等、情報の提供と収集を密に行っています。

合併症対策への連携

他職種と連携して、入院が長期化にならないよう協力しています。

呼吸理学療法 排痰を促す姿勢や人工呼吸器
からの離脱をサポートします。
褥瘡予防

褥瘡を予防するための
除圧姿勢について提案します。

嚥下サポート

食べやすい食事形態を提案します。

食物が飲込みやすい姿勢を考えます。

患者中心のリハビリを目指して地域医療に貢献します。
リハビリ継続による加重効果

1日でも早い回復に繋がるよう、日曜・祝日のサービスを実施しています。そのための体制づくりに努力しています。

病棟とのシンクロナイゼーション

手厚い人員を病棟単位で配置してます。リハビリ効果が病棟生活に反映されるよう、病棟中心のリハビリを高く意識しています。

地域医療・福祉とのシームレスサポート

円滑なサービスの移行を目的に、リハビリ専門病院や在宅介護、福祉との連携を推進します。

常に向上心を忘れません

専門的な知識・技術はもちろんのこと、幅広い教養と豊かな人間性、コミュニケーションスキル、マネージメント能力を育てています。

お知らせ「臨床研究実施について」

 当院では、以下の臨床研究を実施しております。この研究は通常の診療で得られた過去の記録をまとめることによって行います。このような研究は、厚生労働省の「臨床研究に関する倫理指針」の規定により、対象となる患者さんお一人お一人から直接同意を得るのではなく、研究内容の情報を公開することが必要とされております。

 この研究に関するお問い合わせなどがありましたら、下記の「問い合わせ先」へご照会ください。

 

研究課題名

骨転移患者に対する装具療法に関する後ろ向き研究

 

研究機関

今給黎総合病院 リハビリテーション部

 

研究責任者

古市 寿子(リハビリテーション部 理学療法士)

 

研究の目的

過去に受診された骨転移の診断を受けた患者さんの診療録(カルテ)の情報を収集し、装具療法の施行に関する研究を行うことといたしました。この研究は骨転移患者さんへの装具療法の検討を目的としたものであり、皆様の今後の診療にも役立つことができると考えています。

 

研究の方法

(対象となる患者さん)

平成28年4月から平成29年3月までに当院を受診された方のうち骨転移と診断された患者さん

(利用するカルテ情報)

診断名、骨転移部位、骨折の有無、PS(Performance Status)、主訴、手術や放射線治療の有無、転帰 等

 

個人情報の取り扱い

収集した情報は名前、住所など患者さんを直接特定できる個人情報を除いて匿名化いたしますので、個人を特定できるような情報が外に漏れることはありません。また、研究結果は学術雑誌や学会等で発表される予定ですが、発表内容に個人を特定できる情報は一切含まれません。

 

 

この研究の対象となられる方で「ご自身の診療録(カルテ)は除外してほしい」と望まれる方は下記お問い合わせ先までご連絡下さい。

問い合わせ先

今給黎総合病院 リハビリテーション部 古市寿子

892-8502 鹿児島市下竜尾町4番16号 Tel: 099-226-2211

〒892-8502 鹿児島市下竜尾町4番16号



モバイルサイトはこちら(QRコード)