リハビリテーション部

私たちリハビリテーション部の役割

1日でも早い社会復帰が実現できるように、私たちリハビリテーション部では、病気や怪我による後遺症に対して、できるだけ早い時期からリハビリを始めるように努めています。

発症直後の不安定な状態を理解し、急変時に適切な対応ができるよう研修を重ねています。各種療法の専門的な立場から、心身機能の回復や代償法(失われた機能に代わる手段の検討)、種々の援助、指導を総合的に行っています。

各種療法 特徴と内容
理学療法場面

無用な安静を回避し、集中治療室での体位変換から、
一般病棟での基本動作の獲得、車椅子移乗までをひとつの目標と考えています。

作業療法場面

精神機能評価と賦活、回復期の状態を予測した視点をもって、
食事や排泄など、必要な日常の生活動作から介入を始めます。

言語聴覚士療法場面

摂食嚥下機能の評価と訓練を行い、経口摂取開始のタイミングを

慎重に提案していきます。他に、聴覚検査の実施、認知症や高次脳機能などの

精神機能面の評価、人工内耳の聴こえの調整や電極の状態確認など、

診療補助的な役割も担っています。

職員が協力して療養生活をサポートします。
ケースカンファレンスへの参加

医師、看護師、MSW等、情報の提供と収集を密に行っています。

合併症対策への連携

他職種と連携して、入院が長期化にならないよう協力しています。

呼吸理学療法 排痰を促す姿勢や人工呼吸器
からの離脱をサポートします。
褥瘡予防

褥瘡を予防するための
除圧姿勢について提案します。

嚥下サポート

食べやすい食事形態を提案します。

食物が飲込みやすい姿勢を考えます。

患者中心のリハビリを目指して地域医療に貢献します。
リハビリ継続による加重効果

1日でも早い回復に繋がるよう、日曜・祝日のサービスを実施しています。そのための体制づくりに努力しています。

病棟とのシンクロナイゼーション

手厚い人員を病棟単位で配置してます。リハビリ効果が病棟生活に反映されるよう、病棟中心のリハビリを高く意識しています。

地域医療・福祉とのシームレスサポート

円滑なサービスの移行を目的に、リハビリ専門病院や在宅介護、福祉との連携を推進します。

常に向上心を忘れません

専門的な知識・技術はもちろんのこと、幅広い教養と豊かな人間性、コミュニケーションスキル、マネージメント能力を育てています。

〒892-8502 鹿児島市下竜尾町4番16号



モバイルサイトはこちら(QRコード)