ホスピス緩和ケア週間 報告

 日本ホスピス緩和ケア協会は「世界ホスピス緩和ケアデー」最終日とした1週間を「ホスピス緩和ケア週間」として全国各地で緩和ケアの普及啓発活動を行っています。今年は10月8日(日)~14日(土)の1週間。当院でこの週間を利用し緩和ケア普及のための企画をして5回目となります。

 

 今年は、病院正面玄関に『ホスピス緩和ケア週間』について、緩和ケアチームや鹿児島県内の緩和ケア病棟の紹介など手作りして掲示しました。 また10月13日(金)には、もっと在宅での緩和ケアについて医療・介護従事者にも知っていただきたく『今、在宅医療でできる事~緩和も小児も難病も~』のテーマで五反田内科クリニック五反田満幸院長による講演会を開催いたしました。30年間にも及ぶ在宅医療のご経験から、緩和ケアのみながず、幅広く小児や難病の在宅医療の実際を分りやすく面白くお話くださりとても好評でした。

 

 今後も、このイベントを継続することで、少しずつでも緩和ケアについての理解が広がり、深まるよう努めていきたいと思います。

 

 

ホスピス緩和ケア週間

ホスピス緩和ケア週間

 

ホスピス緩和ケア週間

〒892-8502 鹿児島市下竜尾町4番16号



モバイルサイトはこちら(QRコード)