文字サイズ
文字サイズ標準
文字サイズ大
フォントサイズ特大
  • ご来院のみなさまへ
  • 診療部門のご案内
  • 地域の医療関係者さまへ
  • 病院のご案内
  • 採用情報
ホーム > 診療部門のご案内 > 整形外科・リハビリテーション科 [昭和会クリニック]

整形外科・リハビリテーション科 [昭和会クリニック]

診療外来:昭和会クリニック

日本整形外科学会 専門医研修施設

日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科専門医基幹研修施設
年次報告はこちら
所属医師
名前 写真 資格・所属学会等 専門分野
主任部長

宮口 文宏

日本整形外科学会 専門医
日本脊椎脊髄病学会 指導医

日本整形外科学会
   脊椎内視鏡下手術・技術認定医

整形外科

リハビリテーション科

部長

石田 育男

日本整形外科学会 専門医
運動器リハビリテーション 認定医
日本整形外科学会 スポーツ医認定医
日本整形外科学会 認定リウマチ医
日本医師会認定産業医

整形外科

リハビリテーション科

科長

川畑 直也

 

日本整形外科学会 専門医

日本整形外科学会 認定脊髄病医

整形外科

リハビリテーション科

科長

堀川 良治

 


整形外科

リハビリテーション科

坂本 和歌子



整形外科

リハビリテーション科

太田 真隆


整形外科

リハビリテーション科

中條 正英    

整形外科

リハビリテーション科

前之園 健太
   

整形外科

リハビリテーション科

理事長

今給黎 尚典

日本整形外科学会 専門医
医学博士(鹿児島大学)

整形外科

リハビリテーション科

副院長

松永 俊二 


鹿児島大学医学部臨床教授
日本整形外科学会 専門医
日本整形外科学会 認定スポーツ医
日本整形外科学会 認定リウマチ医
日本整形外科学会 認定脊髄医
日本リウマチ学会専門医、指導医
日本リハビリテーション学会

臨床認定医・専門医
日本脊椎脊髄病学会  指導医
医学博士(鹿児島大学)
医師臨床研修指導医養成講習修了医

整形外科

リハビリテーション科

外来担当表

外来担当表はこちら


変更がある場合もあります。
「休診・変更のお知らせ」の情報も合わせてご確認ください。 

ただし、 当日の情報はお電話にてお問い合わせ下さい。

整形外科外来 昭和会クリニック : 099-226-2212

診療内容

脊椎脊髄外科、関節外科、スポーツ整形外科、救急外傷外科、手の外科が中心です。

骨軟部腫瘍は鹿児島大学病御印の専門外来に紹介しておりますが、病院の性質上移転性悪性脊椎腫瘍は当院にて集学的な治療を行っています。 

imakiire_001.jpg

当科の関節部門より 

現在、当院の整形外科関節部門は股関節、膝関節、肩関節、肘関節、足関節、手関節における変形性関節症、関節リウマチに対し、積極的に治療を行っています。
変形性関節症の若年者の関節障害に対しては骨切り術を主体に、年長者の関節障害に対しては人工関節を主体に手術を行っています。

変形性股関節症については50歳代までの若年者には適応があれば積極的に骨盤骨切り術(臼蓋回転骨切り術、キアリー骨切り術)と大腿骨骨切り術に対して対処しています。
同様に変形性膝関節症に対しては若年者には適応があれば高位脛骨骨切り術を行っています。 

imakiire_054.jpg

なぜ骨切り術が必要なのでしょうか? 

現在行われている人工関節置換術は完成された手術とはいえないと言われています。

その理由は日常生活に制限が必要であること、また必ず将来に人工関節と骨の間に弛みが生じること、更には必ず人工物は磨耗が生じ人工関節の破壊が生じるからです。

特に活動性の旺盛な年代には以上の理由から人工関節手術を施行するには慎重に適応を選ぶ必用があり、その適応は限られているのです。

 

幸いなことに日本人の変形性股関節症は臼蓋形成不全による関節適合性の悪い物が多く、骨切り術により関節適応性の改善の期待できる症例が多いのです。

 

また、膝についても日本人はO脚が多く、矯正骨切り術の適応が多いのです。

 

人工関節については60歳以上の年長者に適応としています。最近は人工関節の開発も進み、性能の進歩も著しいものがあります。

当科では20年以上の耐用年数と早期の離床を目指しています。

人工股関節を例にとりますと可動域は自転車に乗れる可動域を目標に、また術後1日目より腰かけ、術後2日目より起立訓練、7日目には歩行訓練を目標としています。 

平成28年度の整形外科 

整形外科の平成28年度の活動状況を報告します。平成28年度の整形外科の手術総数は1,056件と前年より150名以上大幅に増加しました。特に脊椎手術や骨盤骨折の手術が増加しています。高齢化に伴い骨粗鬆症関連の椎体骨折、大腿骨近位部骨折、前腕骨骨折の手術も年々増加しています。

クリニックの患者数は平均約105名/日であり昨年度とほぼ同数でしたが入院患者数は増加しておりました。救急外来の対応件数は整形外科が圧倒的に多く、救急病院としての救急車受け入れに貢献しています。入院患者総数は1,189名で平均稼働率は98.5%で常に満床状態でした。感染性脊椎炎や脊損患者の入院が増えて平均在院日数が36.0日と先年度より10日以上延長してしまいました。学術活動は日本の主要学会はもちろん海外の学会でも発表を行い今給黎総合病院の学術的評価を高めることができました。日本整形外科学会及び日本脊椎脊髄病学会認定の臨床専門研修施設として今後益々臨床実地教育にも力を注いでいきたいと考えています。今後研修医の新専門医制度が開始されるに当たり整形外科としての準備は整っております。また公的業務として厚生労働省難治性疾患脊柱靱帯骨化症調査研究班の班員活動も行っており、厚生労働省からも高く評価され公益法人病院としての活動にも貢献しております。

診療実績(平成28年4月~平成29年3月) 
昭和会クリニック 
外来総数 28,563名 新患4,166名 1日平均105.4名
今給黎総合病院 

外来総数 3,253名 新患977名 1日平均8.9名

入院総数 1,189名

平均稼働率 98.5%

平均在院日数 36.0日

手術統計

手術総数 1,056件


脊椎  296件
骨折  403件
切断術 6件
関節手術 125件
筋・腱・神経手術 67件
腫瘍手術 6件
抜釘術 134件
その他 16件
感染症手術 3件

手術内訳はこちら(PDFファイル)

〒892-8502 鹿児島市下竜尾町4番16号



モバイルサイトはこちら(QRコード)