医療安全管理課

医療安全管理について
医療安全管理とは、事故のない安全な医療を提供するために、職員一人ひとりの事故防止への取り組みと病院全体での安全対策への取り組みを行い、間違いを起こさない環境や誤った判断が事故に発展しない仕組みを病院内に構築するための取組みをいいます。

imakiire_339.jpg

院内の体制について
当院の医療安全管理体制は、病院全体の医療安全を管理し統括する医療安全対策委員会、各部署へのセーフティマネージャーの配置、安全管理活動を実務とする担当者を配置した医療安全管理課があり、また医薬品安全管理責任者と医療機器安全管理責任者が各1名配置されています。
院内の報告システム
院内の職員は、ヒヤリとしたハッとした事例や、事故等の発生に気付いた時に各部署のセーフティマネージャーへ報告し安全管理報告書を作成すること、また、随時安全管理者への報告を行うよう定められており、現場の安全確保のための対策を検討し実践するよう努めています。
医療安全管理課の役割
院内の安全管理の体制作り

病院は24時間体制であることから、多くのスタッフが交代制により業務に従事しています。医療を提供する過程においては、多職種との連携が必要であり、業務従事者同士での情報共有は欠かせません。職員は医療を提供する過程において、不具合や問題が発生した場合、安全管理報告書で事象の振り返りを行い、「何故問題が生じたのか」という視点で事例の分析を行い、再発防止・未然防止のための対策を策定し取り組んでいます。

 

医療を安全に行うにあたり、業務を統一し標準化することが必要とされています。しかし、医療の分野ではこれまでの治療法や技術が日々進歩しており、今まで十分だと思っていたシステムやルールもそれに伴い見直しが必要になっていきます。 また、患者さまやご家族からの相談や苦情、院内各所からの情報提供を元に、安全確保に必要な「気付き」を得ることが、エラーの未然防止・再発防止に有用であると考え、各部署との連絡・調整・支援を行っています。

患者相談窓口について
入院および外来患者さま、または患者さまご家族の方からの医療内容に関する疑問や、病院に対する要望や苦情等に関して対応させていただきます。
患者さま方のご理解とご協力が欠かせません

医療安全の取り組みとして、患者さまのお名前確認の場面で、患者様に名乗っていただいたり確認票やリストバンドで繰り返し名前を確認するという行為を実践しています。これは、患者さまの取り違い防止の為に、多くの医療機関で行われている取り組みです。また、内服薬・注射などの投薬や採血等を受けられる際に、ご自分のものであるかどうかを一緒に確認していただくよう依頼されることがあるかと思います。

医療従事者は、患者さまに実施するまでの過程で、医療従事者間での確認や電子情報システムを用いた確認を完了していますが、患者さまも医療を実施するうえでの重要なパートナーであるという位置づけで、患者さまの視点が欠かせないものであると考えているからです。医療安全においては、患者さまやご家族の方の視点が、大変有用であると捉えています。

 

当院では医療安全管理指針を作成しており、どなたでも閲覧可能となっております。

〒892-8502 鹿児島市下竜尾町4番16号



モバイルサイトはこちら(QRコード)