がん・緩和ケア研修会

当院では、地域がん診療連携拠点病院となり、院内教育と地域医療貢献の面 からも、がん・緩和ケア研修会を開催しております。

今回は『ホスピス緩和ケア週間(10月8日〜14日)』の企画として講演会を行います。 多くの方の参加をお待ちしております。

テーマ 『今、在宅医療でできる事 ~緩和も小児も難病も~』
講 師

五反田内科クリニック 院長 五反田 満幸 先生

(鹿児島市医師会在宅医会会長、日本尊厳死協会かごしま会長)

内 容 1.在宅での緩和ケア 2.NICUから在宅へ 3.ALSも多系統委縮症も
日 時

平成29年10月13日(金)

17時30分~19時00分(受付17:30〜)

場 所

今給黎総合病院 別館地下1階講義室

参加費

医療・介護従事者(院外参加からの参加も可能)

 

病院駐車場をご利用の方は 駐車券を会場までご持参下さい。

お問い合わせ

今給黎総合病院 (代表)tel 099-226-2211 総務企画課 前野 緩和医療課 植屋、早崎、岩山

メールでのお問い合わせはこちらまで

今までの講演
★市民公開講座として開催

平成22年
1月

コミュニケーション

小玉哲史氏

(鹿児島大学病院 精神科 緩和ケアチーム)

4月 疼痛マネジメント

井上奈美氏

(相良病院 緩和ケア病棟師長、がん性疼痛認定看護師)

6月 がん患者と医療者のコミュニケーション

吉國久子氏

(天陽会中央病院 がん相談支援室 社会福祉士)

8月 化学療法の看護

三浦ひとみ氏

(鹿児島市医師会病院 がん化学療法看護認定師)

10月 緩和ケアのいろは

松添大助氏

(今給黎総合病院 緩和医療科 部長)

平成23年
1月
がんとともに生きる

三好綾氏

(NPO法人がんサポートかごしま 理事長)

4月 緩和ケアのこころ、治療医、急性期病院スタッフに必要なこと

大瀬克広氏

(サザンリージョン病院 麻酔科部長 緩和ケア病棟長)

7月 家族アセスメント入門

小林奈美氏

(北里大学看護学部生活支援看護学講座教授)

9月 呼吸困難緩和のABC

松添大助氏

(今給黎総合病院 緩和医療科 部長)

★12月 肯定的な別れをするために〜Quality of lifeからQuality of Livesへ〜 堂園晴彦氏(堂園メディカルハウス院長)
平成24年
3月
コミュニケーションスキル積極的傾聴法 吉田恵子氏(鹿児島市医師会病院 臨床心理士)
5月 ケアに役立つ放射線療法の基礎知識 神村陽子氏(済生会川内病院)
7月 スピリチュアリティの理解とケアの実践 

清田直人氏

(栄光病院チャプレン がん放射線療法看護認定看護師)

10月 ご縁玉 ドキュメンタリー映像上映会
平成25年
1月
50歳で外科医を辞めた訳〜外科医から緩和ケア医になって見えた事〜

中橋恒氏

(松山ベテル病院 院長 ホスピス医長)

4月 早期からの緩和ケア〜急性期病院の場合〜

林 章敏 先生

(聖路加国際病院 緩和ケア科 部長)

6月 がんの臨床現場におけるスピリチュアルペインとそのケア

的場 康徳 先生

(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科腫瘍学講座)

平成26年
3月
抗がん剤の話

水野恵子先生

(鹿児島大学医学部・歯学附属病院呼吸器・ストレスケアセンター・呼吸器内科・助教)

5月 今日から使える精神腫瘍学〜有効に精神科医を使ってもらうためのお願いも含めて〜

小玉哲史先生

(今給黎総合病院 緩和医療科 部長)

★7月

ヒトは死んだらどこにいくのか?

〜緩和ケア医の立場から〜

松添大助先生

(今給黎総合病院 緩和医療科 部長)

平成27年
3月

在宅緩和ケアの実際

~訪問看護の立場から~

森恵氏先生

(看護師 訪問看護ステーションかりん管理者・ 日本フォトセラピー協会理事・フォトケア開発)

10月 しくじり先生の緩和ケア

高濵哲也先生(天陽会中央病院)

平成28年
4月
アドバンス・ケア・プランニング(ACP)
〜その人らしい意思決定支援のために〜

落合美智子先生

(鹿児島大学医学部附属病院 緩和ケアセンター がん看護専門看護師)

★10月 がん患者さんとの接し方
〜意思決定支援を含めて〜

小玉哲史先生

(今給黎総合病院 緩和医療科 部長)

平成29年
6月
困難事例から考える対人援助論

的場 康徳先生
(鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科腫瘍学講座)

10月

今、在宅医療でできる事

~緩和も小児も難病も~

五反田 満幸 先生

(五反田内科クリニック 院長)

 

 

 

〒892-8502 鹿児島市下竜尾町4番16号



モバイルサイトはこちら(QRコード)