病院情報の公表

病院情報の公表は、DPCデータに基づいて作成しています。

DPCは『Diagnosis<診断>・Procedure<処置(手術・検査含む)>・Combination<組み合わせ>』の頭文字をとったものです。

DPCの制度についてはこちらをご覧ください


病院情報の公表に使用したデータ 

・様式1・・診療録情報(傷病名、手術・処置・検査等、入退院情報など)

・様式4・・診療報酬請求情報(医科保険診療以外の診療の有無に係わる症例調査票)

・Dファイル・・診療報酬請求情報(診断群分類点数表による算定情報)

 

対象となるデータ
平成27年度4月1日~平成28年3月31日の間に退院した患者

 

集計対象外
・入院後24時間以内の死亡の患者
・生後7日以内に死亡した新生児
・労災(労働災害)、自賠責(自動車損害賠償責任保険)、自費、正常分娩、治験、先進医療の患者

診断群分類別患者数について

・診断群分類別患者数には、短期滞在入院基本料を算定している症例はDPC対象外の為、 カウントされません。

・最終的な自院の退院を持って1カウントとします。

・転院率は、最終的な退院先が「転院」の患者の割合を示しています。

その他

・患者数が10未満の場合は‐(ハイフン)としています

・年齢は、入院時点での年齢です



平成27年度 病院情報の公表
年齢階級別退院患者数 ファイルをダウンロード

平成27年度に当院を退院された患者さんを10歳刻みの年齢階級別に集計しました。

退院患者さんを年齢階級別に集計することにより、患者構成や特徴がある程度知ることができます。

 

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 509 249 269 335 393 655 1581 1920 1435 308

【解説】
当院は地域医療支援病院であり、質の高い医療を幅広い年齢層の患者様に提供しております。その中でも、がん診療を中心とした医療を行っており、60歳以上の患者様の割合が多い傾向にあります。
また、当院は周産期医療にも力を入れており、新生児や乳幼児の患者さんが多いのも特徴です。


診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで) ファイルをダウンロード

各診療科別に症例数の多いDPC14桁分類(DPCコード)ついて集計しました。

項目はDPCコード、名称、症例数、平均在院日数、転院率、平均年齢を表示しており、それぞれの診療科がどのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。

 

■ 総合内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
040081xx99x00x
誤嚥性肺炎
(手術なし 手術・処置等2なし
定義副傷病なし)
24 26.88 21.70 45.83% 85.33
040080x099x0xx
肺炎、急性気管支炎、
急性細気管支炎(15歳以上)
(手術なし 手術・処置等2なし)
22 24.00 14.30 31.82% 74.45
100070xxxxxxxx
2型糖尿病
(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)
17 20.88 15.40 5.88% 70.29

【解説】
総合内科は唾液や食物などが食道に流れず、肺などの気管内に入ってしまい引き起こされる誤嚥性肺炎治療の患者さんが最も多くなっています。
次に、15歳以上の肺炎治療の患者さんです。どちらも、高齢者になるほど重症になる傾向があります。続いて2型糖尿病(インスリンの分泌が少なくなったり、動きが悪くなることが原因)の患者さんであり、血糖コントロ-ルのための教育入院が多くなっております。


■ 呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
040040xx9904xx
肺の悪性腫瘍
(手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり)
117 14.62 13.40 0.90% 68.8
040040xx99100x
肺の悪性腫瘍
(手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし)
56 2.11 3.30 0.00% 68.6
040040xx9907xx
肺の悪性腫瘍
(手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等27あり)
36 15.58 12.90 0.00% 67.1

【解説】
呼吸器内科で診療を行う胸部悪性疾患の殆どは肺癌でありますが、胸腺癌、浸潤性胸腺腫、悪性中皮腫も診断しております。
内科領域では、化学療法(抗癌剤による治療)が中心となりますが、気管支鏡検査を目的とした検査入院などもあります。


■ 循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
050130xx99000x
心不全
(手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし)
11 14.73 18.30 9.09% 78.73
050130xx9901xx
心不全
(手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり)
- - 20.20 - -
050050xx99000x
狭心症、慢性虚血性心疾患
(手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし)
- - 6.60 - -

【解説】
循環器内科の最も多い症例は、高齢者の慢性心不全の急性増悪により救急搬送された患者さんです。循環・呼吸状態を改善させ、全身状態の改善をみて退院となります。人工呼吸器管理を行っている心不全の患者さんの7割以上は、治療後に転院となり継続治療やリハビリを行います。
狭心症の治療では、冠動脈造影MDCT診断が放射線部のレベルアップによる解析の迅速化で、従来より詳細な画像診断が可能となりました。


■ 消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
060102xx99xxxx
穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患
(手術なし)
26 13.08 7.90 0.00% 68.35
060340xx03x00x
胆管(肝内外)結石、胆管炎
(限局性腹腔膿瘍手術等手術・処置等2なし 定義副傷病なし)
21 16.24 10.90 9.52% 76.57
060100xx03xx0x
小腸大腸の良性疾患
(良性腫瘍を含む。)
(内視鏡的消化管止血術等 定義副傷病なし)
19 3.63 2.80 0.00% 65.89

【解説】
消化器内科の最も多い症例は、大腸憩室炎疾患の患者さんが多くなっています。大腸憩室炎は憩室への糞便の貯留や内圧上昇に伴って生じる炎症であり,抗制剤による点滴治療、大腸検査を行い、どちらも早期大腸癌の発見につながるケースが多いです。
次いで、胆管炎や結石といった胆道疾患が多く、これは結石で胆管に詰まり炎症を起こす典型的な症例で、治療としては胆管をチュ-ブで広げる、結石を除去する、膿瘍を取り除くなどの治療を内視鏡を用いて、もしくは経皮的に行います。 3番目に多い小腸大腸の良性疾患は、大腸腺腫や大腸ポリ-プに対する内視鏡的治療(ポリペクトミ-など)を行います。


■ 神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
010060x099030x
脳梗塞(JCS10未満)
(手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 定義副傷病なし)
42 31.98 18.10 30.95% 74.57
010160xx99x10x
パーキンソン病
(手術なし 手術・処置等2あり 定義副傷病なし)
22 19.55 21.50 13.64% 72.95
030400xx99xxxx
前庭機能障害
(手術なし)
21 5.19 5.30 0.00% 65.00

神経内科で最も多い症例は、脳梗塞の患者さんです。エダラボン注射による治療を行っております。 次に多い症例は、パ-キンソン病の患者さんです。平均年齢も70歳を越えており、人口の高齢化とともにこれらの疾患は更に増加されると推測されます。
3番目に多いのは、めまいの患者さんで点滴による入院加療を行っております。


■ 外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
060035xx99x50x
結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍
(手術なし 手術・処置等25あり 定義副傷病なし)
51 5.2 4.500 0.00% 60.35
060040xx99x60x
直腸肛門(直腸S状部から肛門)
の悪性腫瘍
(手術なし 手術・処置等26あり 定義副傷病なし)
41 4.56 4.500 0.00% 66.71
060335xx0200xx
胆嚢水腫、胆嚢炎等)
(腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし)
34 7.71 7.800 0.00% 62.41

【解説】
外科では、消化器の手術、術前および術後の化学療法、手術後の定期的なフォロ-など治療部位や治療内容ごとに多種多様 な症例が存在します。
外科の入院で最も多い症例は、大腸・結腸癌の患者さんです。化学療法(使用薬剤:アバスチン点滴静注用)による治療を 行っております。
2番目に症例は、15歳以上の腹腔鏡下による鼠径ヘルニア手術の患者さんとなっております。
3番目に胆嚢炎、胆のう結石症の患者さんとなっており、手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術)による治療を行っております。


■ 呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
040040xx97x10x
肺の悪性腫瘍
(手術あり 手術・処置等21あり 定義副傷病なし)
45 14.31 21.400 0.00% 67.27
040040xx9907xx
肺の悪性腫瘍
(手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等27あり
29 11.21 12.900 0.00% 66.07
040040xx97x0xx
肺の悪性腫瘍
(手術あり 手術・処置等2なし)
24 13.33 13.400 0.00% 70.00

【解説】
呼吸器外科において主に取り扱う疾患は肺癌で、原発性肺癌手術を年50〜60例施行しています。現在のところ早期のもの に関してはより低浸潤な胸腔鏡補助下手術を心がけ、良好な術後経過を得て、早期退院が可能となっております。逆に、 縦隔リンパ節転移陽性例や隣接臓器へ直接浸潤した、いわゆる進行肺癌に対しても、術前補助療法を行ったのちに積極的 に外科治療の可能性を探求する姿勢をもっており、症例群によっては手術によって満足の行く結果を得ています。切除が 困難な症例に関しては、呼吸器内科および放射線科と協力し非手術的治療を行っています。


■ 整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
160800xx01xxxx
股関節大腿近位骨折
( 人工骨頭挿入術 肩、股等)
147 43.71 28.700 68.03% 82.56
160690xx99xx0x
胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)
(手術なし 定義副傷病なし)
79 51.23 21.500 26.58% 80.16
070350xx01xxxx
椎間板変性、ヘルニア
(内視鏡下椎間板摘出(切除)術)
52 23.23 11.800 11.54% 52.42

【解説】
整形外科で多い症例数は、大腿骨骨折を手術する目的で入院される患者さんです。平均年齢も80歳を超えた高齢者が多く、手術、リハビリ加療後に7割近くの患者さんが転院されています。
2番目に多い症例は、胸腰椎圧迫骨折の患者さんです。安静後にリハビリ加療を行っています。こちらも高齢者の患者さん が多いことがわかります。
3番目に多い症例は、椎間板ヘルニアの手術(内視鏡下椎間板摘出(切除)術)の患者さんとなっております。


■ 形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
020230xx97x0xx
眼瞼下垂
(手術あり 手術・処置等2なし)
36 4.97 3.500 0.00% 60.69
080007xx010xxx
皮膚の良性新生物
(皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし)
33 9.12 4.400 0.00% 45.52
160200xx0200xx
顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。)
(鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし)
29 8.03 5.900 3.45% 34.17

【解説】
形成外科は、先天性および後天性の身体外表の形、色異常を対象とし眼瞼下垂や皮膚腫瘍の外科手術が増加しております。


■ 脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
160100xx97x00x
頭蓋・頭蓋内損傷
(その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし)
39 17.77 10.000 20.51% 76.72
010030xx9910xx
未破裂脳動脈瘤
(手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし)
29 3.14 3.200 0.00% 58.83
160100xx99x00x
頭蓋・頭蓋内損傷
(手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし)
28 10.11 7.500 14.29% 55.93

【解説】
脳神経外科では慢性硬膜下血腫術が一番多い手術となっております。また、2番目に多い脳動脈瘤や脳血管造影による診断、検査が急激に増え、脳動脈瘤に関連した入院が増加傾向です。


■ 小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
040080x1xxx0xx
肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満)
(手術・処置等2なし)
121 6.87 5.70 0.00% 4.02
040070xxxxx0xx
ルエンザ、ウイルス性肺炎
(手術・処置等2なし)
29 6.79 5.50 0.00% 1.28
100060xxxxxxxx
1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)
13 10.31 14.30 0.00% 12.23

【解説】
小児科では、マイコプラズマ肺炎の入院適応例が多くなっております。腸炎や喘息の入院症例もありますが、糖尿病初発 やコントロール目的また成長ホルモンなどの内分泌疾患などでの専門性を求められる入院患者さんが多いのも特徴です。


■ 新生児内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
140010x299x2xx
妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満)
(手術なし 手術・処置等22あり)
45 30.11 27.50 0.00% 0.00
140010x399x2xx
妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1000g以上1500g未満)
(手術なし 手術・処置等22あり)
29 40.76 52.80 0.00% 0.00
140010x297x2xx
妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満)
(手術あり 手術・処置等22あり)
27 26.56 33.66 0.00% 0.00

【解説】
低出生体重児で生まれてくる新生児に対して人工呼吸管理や光線療法を行い、また、早期からリハビリを実施することにより、運動機能の発達の遅れをとり戻し、発育向上に努めております。


■ 耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
030230xxxxxxxx
扁桃、アデノイドの慢性疾患
98 7.52 8.20 0.00% 25.80
030350xxxxxxxx
慢性副鼻腔炎
80 8.05 7.80 0.00% 53.80
030428xxxxxxxx
突発性難聴
66 9.94 9.60 1.52% 55.85

【解説】
当院では、口蓋扁桃手術や慢性副鼻腔炎に対する手術が上位を占めております。また、突発性難聴では高気圧酸素に入室し治療を行っております。


■ 放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
040040xx9902xx
肺の悪性腫瘍
(手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり)
- - 26.00 - -
060050xx97x0xx
肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)
(その他の手術あり 手術・処置等2なし)
- - 12.00 - -
060010xx99x30x
食道の悪性腫瘍(頸部を含む。)
(手術なし 手術・処置等23あり 定義副傷病なし)
- - 23.60 - -

【解説】
放射線科は、悪性腫瘍に対してリニアック照射(放射線治療)を中心に行っております。
なかでも、早期肺癌に対する定位集光照射(SRT)が多くなっています。


■ 産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
120010xx99x40x
卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍
(手術なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし)
39 2.97 5.10 0.00% 57.85
120010xx99x50x
卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍
(手術なし 手術・処置等25あり 定義副傷病なし)
30 3.07 5.20 0.00% 62.47
120170xx01x0xx
早産、切迫早産
(手術あり 手術・処置2なし)
21 34.67 31.80 0.00% 31.52

【解説】
当院の産婦人科では、悪性腫瘍に対して子宮全摘や子宮附属器摘出術も行っており、症例数も多く推移しております。また、子宮癌検診や月経困難症,更年期障害などの一般外来から化学療法を使った治療や救急疾患の対応も行っております。


■ 眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
020200xx99x4xx
黄斑、後極変性
(手術なし 手術・処置等24あり)
59 2.12 2.50 0.00% 75.53
020240xx97xxx0
硝子体疾患(手術あり片眼)
34 7.00 7.40 0.00% 71.03
020200xx9710xx
黄斑、後極変性
(手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし)
23 7.13 8.00 0.00% 71.91

【解説】
当院眼科では、難症例の白内障手術も受け入れ手術を行っております。また、硝子体内注射の治療も行い、近隣の開業医の先生方と連携しながら、よりよい治療を目指しております。


■ 泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
110070xx0200xx
膀胱腫瘍
(膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし)
71 12.89 7.80 9.86% 74.39
110080xx01x1xx
前立腺の悪性腫瘍
(前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等21あり)
65 12.54 18.50 1.54% 67.52
110200xx02xxxx
前立腺肥大症等
(経尿道的前立腺手術)
28 10.25 10.30 0.00% 74.25

【解説】
泌尿器科では腹腔鏡下手術に力を入れています。近年3D内視鏡システムを導入し、より精度の高い手術が可能となり、膀胱腫瘍の患者さんが多くなっています。
膀胱癌や前立腺肥大症に対して経尿道的切除も行い、症例数が増加傾向にあります。


■ 皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
080020xxxxxxxx
帯状疱疹
14 9.00 9.00 7.14% 76.86
080011xx99xxxx
急性膿皮症(手術なし)
13 10.69 12.00 0.00% 57.69
080110xxxxx0xx
水疱症
(手術・処置等2なし)
- - 32.00 - -

【解説】
皮膚科では、帯状疱疹や皮膚膿瘍、蜂巣炎などの症例が多くあります。他に湿疹、アレルギ-疾患、細菌、真菌、ウイルス感染症、膿瘍性疾患など皮膚疾患全般の治療を行っております。


初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数 ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 18 - - 15 - - 1 第7版
大腸癌 15 23 20 62 15 55 1 第7版
乳癌 - - - - - 17 1 第7版
肺癌 65 20 46 122 19 133 1 第7版
肝癌 - - - - - - 1 第7版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

5大癌と呼ばれる、胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの患者さんの人数を初発のUICC病期(ステージ)分類別、および再発に分けて集計をしました。

【定義】
 ・患者数は期間内の退院患者数とする。
 ・入退院を繰り返ししている場合は、入院回数分を集計。
 ・新規治療法の一部はDPC制度対象外であり、集計対象外とする。

【解説】
患者数からみると肺がんの患者様が最も多く、次いで大腸がん、胃がんとなっています。
当院では、内視鏡や腹腔鏡手術による検査や治療、抗がん剤による化学療法、放射線治療など患者様に合わせた治療法を選択し、総合的に管理しております。


成人市中肺炎の重症度別患者数等 ファイルをダウンロード

成人市中肺炎の肺炎患者さんについて重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計しました。

・ここでいう成人とは15歳以上です。  

・入院のきっかけとなった傷病名および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎(DPCコード040080)で、さらにその中でICD-10コードがJ13~J18であるものを対象とします。なお、インフルエンザ等などのウイルス性肺炎や食べ物の誤嚥による肺炎は除外しています。

・重症度は、成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類を用いています。

 

患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 - - -
重症度 1 22 17.05 76.00
重症度 2 10 26.90 79.90
重症度 3 - - -
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -

【解説】
患者数が最も多いのは重症度1の患者様となっております。
重症度0の平均年齢は50歳であるのに対して、重症度1以上になると75~80歳前後となっており、成人市中性肺炎は高齢していることが分かります。


脳梗塞のICD10別患者数等 ファイルをダウンロード

脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計しました。

・最も医療資源を投入した傷病名のICD-10コードの上3桁で集計しています。

 

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$
一過性脳虚血発作及び
関連症候群
3日以内 11 5.36 76.55 0.00%
その他 - - - -
G46$
脳血管疾患における
脳の血管(性)症候群
3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 100 30.72 76.97 30.65%
その他 24 26.08 72.29 2.42%
I65$
脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,
脳梗塞に至らなかったもの
3日以内 - - - -
その他 13 11.00 67.69 7.69%
I66$
脳動脈の閉塞及び狭窄,
脳梗塞に至らなかったもの
3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675
もやもや病<
ウイリス動脈輪閉塞症>
3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -

【解説】
当院では、約7割の患者様が発症から3日以内に治療を開始しています。迅速に治療を開始することで早期離床に繋がり、早期にリハビリを開始することが可能となります。また、その後の回復期リハビリへスムーズに移行することにより発症後のADL(日常生活動作)障害が軽減されます。当院では、急性期医療だけではなく、回復期のリハビリを行う回復期リハビリテーション病棟を有しており、総合的な治療管理を行っています。


診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで) ファイルをダウンロード

診療科別の主要手術(上位3位)について、患者数、術前術後の平均在院日数、転院率、平均年齢について集計しました。

・厚生労働省が定める、医科点数表に基づくKコード・名称を使用しています。

・各診療科別に手術件数の多い順に3つ選択。但し軽微な手術、件数が10件未満及び、臓器移植については集計対象外です。

・複数の手術を同時に行った場合、主たる手術(又は点数の高い手術)を集計しています

 

■ 外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術
(両側)
47 1.74 3.11 2.13% 69.11
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 41 1.85 5.27 2.44% 63.22
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 19 2.79 16.11 0.00% 67.37

【解説】
外科で最も多い手術は鼠径ヘルニアに対する手術です。最近ではほとんどの症例で腹腔鏡下の手術が主流となっており、開腹と比べて術後の在院期間が短い利点もあります。
大腸悪性腫瘍に対しても腹腔鏡下の手術で行っており、患者さまのQOL向上に貢献したいと考えております。


■整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 104 6.67 34.36 59.62% 77.88
K0811 人工骨頭挿入術(股) 72 8.93 33.83 69.44% 81.35
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術・椎弓形成術(後方又は後側方固定) 69 10.88 42.30 63.77% 67.94

【解説】
整形外科では、大腿部の骨折に対する手術が多くなっています。高齢者による転倒や転落による受傷が多く、平均年齢も70歳後半となっており高齢による骨粗しょう症も要因の一つです。
また、股関節手術や脊椎に関連する手術においてインプラントを用いた手術も増加傾向にあります。


■形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K2191 眼瞼下垂症手術
(眼瞼挙筋前転法)
25 0.00 4.12 0.00% 60.92
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術
(躯幹)
24 0.71 5.33 4.17% 53.63
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 18 2.83 10.83 0.00% 72.06

【解説】
形成外科では年を重ねるにつれ、まぶたが落ちてくる眼瞼下垂手術を多く実施しております。
また、軟部腫瘍や皮膚の悪性腫瘍に対しての手術も実施しています。
形成外科は体表を治す外科であり、他の外科にはない特徴もあります。そして、1日でも早く日常生活に戻れることを最大の目的としております。


■脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術
(穿頭)
44 4.55 24.45 27.27% 78.55
K1781 脳血管内手術(1箇所) 14 5.57 16.29 7.14% 71.64
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング
(1箇所)
10 3.90 32.00 20.00% 59.10

【解説】
脳神経外科では硬膜下血腫に対する手術を多く実施しております。脳動脈瘤等に対する手術では、開頭手術、脳血管内治療の両者を患者さんの状況に応じて最適な方法を選択しています。
他には脳腫瘍摘出術や頸動脈狭窄症に対するステント留置術も行い、より良い治療を目指しています。



■呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K514-23
胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術
(肺葉切除又は1肺葉を超える)
30 2.37 10.37 0.00% 67.77
K5131
胸腔鏡下肺切除術
(肺嚢胞手術(楔状部分切除))
17 3.41 2.88 0.00% 22.59
K5143
肺悪性腫瘍手術
(肺葉切除又は1肺葉を超える)
16 2.63 17.19 0.00% 66.13

【解説】
呼吸器外科では主として肺癌治療目的で行う胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術が最も多い症例です。
胸腔鏡下手術は開腹手術と比べて侵襲も少なく、術後の日数も早いのが特徴です。
手術後は、転院することなく軽快退院しております。



■消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K7211
内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)
136 0.62 1.43 0.00% 68.47
K654 内視鏡的消化管止血術 18 0.61 15.94 33.33% 67.50
K721-21
内視鏡的大腸ポリープ切除術

(長径2cm未満)

16 0.38 1.81 6.25% 63.69

【解説】
消化器内科では圧倒的に内視鏡下の結腸ポリープ切除術が多く占めております。
ポリープ切除や緊急処置を必要とする消化管止血を検査から治療までまんべんなく行っております。



■眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K2821
水晶体再建術
(眼内レンズを挿入する・その他のもの)
720 0.21 3.27 0.83% 76.33
K2801
硝子体茎顕微鏡下離断術
(網膜付着組織を含む)
57 0.37 7.63 1.75% 70.79
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 39 0.23 5.44 2.56% 71.97

【解説】
眼科では、白内障の難治症例の紹介が多く、手術も白内障手術が大部分を占めています。また、糖尿病性の網膜症や網膜剥離などに対して硝子体茎顕微鏡下離断術の手術も行っておりより良い治療を目指しています。



■耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 93 1.08 5.67 0.00% 27.82
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型
(選択的(複数洞)副鼻腔手術)
39 1.00 6.05 0.00% 55.26
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型
(汎副鼻腔手術)
36 1.00 6.17 0.00% 55.06

【解説】
耳鼻咽喉科では、慢性扁桃炎に対する口蓋扁桃摘出術が最も多い手術です。
2、3番目の慢性副鼻腔炎に対する手術は、以前のように口の中から粘膜を切開して骨を削るような手術はほとんど行わずに、全身麻酔下に内視鏡を使ってテレビモニターで観察しながら鼻の中の手術を行っています。



■泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K843-2 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術 74 1.57 10.01 1.35% 67.72
K8036
膀胱悪性腫瘍手術
(経尿道的手術・その他)
44 5.66 10.05 13.64% 75.23
K8036
膀胱悪性腫瘍手術
(経尿道的手術・電解質溶液利用)
37 2.35 7.32 5.41% 72.08

【解説】
泌尿器科では腹腔鏡下の手術に力を入れており、特に※限局性前立腺癌手術に対しては、術後から約1週間前後の早期退院が可能となっています。
膀胱悪性腫瘍手術では腰椎麻酔等を実施し、比較的短時間で安全な手術を行っています。

※限局性…腫瘍や炎症など病的変化が狭い範囲に限られていること。



■婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K8881
子宮附属器腫瘍摘出術
(両側・開腹)
18 1.06 8.17 5.56% 45.28
K877 子宮全摘術 15 5.33 18.47 6.67% 56.47
K867 子宮頸部(膣部)切除術 11 1.00 1.55 0.00% 36.55

【解説】
婦人科領域で多い手術は卵巣腫瘍に対する子宮附属器腫瘍摘出術です。
子宮全摘術は、子宮筋腫、子宮腺筋症の疾患に対して行っており、術後の日数も約2〜3週間程度となっています。



■産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 51 6.18 8.35 0.00% 31.22
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 25 14.80 7.84 4.00% 33.48
K9091 流産手術(妊娠11週まで) - - - - -

【解説】
産科は、※骨盤位、※前置胎盤などの場合に分娩を安全に終了させるために帝王切開を行います。当院では正常分娩はもちろん、早産や高齢出産などリスクの高い分娩にも対応している点が大きな特徴です。また、母体及び胎児の状況で緊急時の帝王切開も対応しています。

※骨盤位…産道からみて胎児の頭部より骨盤部が先進している状態(逆子)。
※前置胎盤…胎盤が正常より低い位置に付着し、胎盤が子宮の出口(内子宮口)にかかっていたり覆っていたりする状態。



その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率) ファイルをダウンロード

播種性血管内凝固、敗血症、真菌症、手術・処置などの合併症の発生率について集計しました。

・最も医療資源を投入した傷病名が播種性血管内凝固(DPC6桁130100)、敗血症(DPC6桁180010)、 その他の真菌症(DPC6桁180035)、手術・処置等の合併症(DPC6桁180040)について入院契機病名(DPC6桁レベル)の同一性の有無を区別して症例数をカウントしています。

 

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 13 0.17%
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 40 0.52%
異なる - -

【解説】
厚生労働省による平成26年度の全国のDPC対象病院データ集計では、全症例に対する割合は播種性血管内凝固(以下DIC)が0.17%、敗血症は0.56%でした。
全国値と当院の数値を比較すると、DICはほぼ全国平均値(当院0.20%)敗血症は約3割程度(当院0.19%)少ない発生率となっています。
入院時の疾患名と請求時(退院時)の疾患名が異なるのは、入院中に基礎疾患が重症化しDICや敗血症を引き起こしているためです。
手術・処置等の合併症については、当院で手術または処置後に発生した合併症が23例あり、他院で手術または処置後に発生した合併症の治療依頼で紹介を受けた症例が26例でした。ここでの合併症とは、医療過誤とは異なり、手術や処置・検査の後にそれらがもととなって起こることがある病気です。
手術によって併発する病気は様々ですが、どんなに注意深く手術等を行ってもこれらを防ぐことができない場合もあります。


更新履歴 

2016/9/30
2016/10/4

2016/12/20 

今給黎総合病院 病院情報を公開しました。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数を更新しました。
病院情報の公表集計の前提条件を追記しました。

〒892-8502 鹿児島市下竜尾町4番16号



モバイルサイトはこちら(QRコード)