文字サイズ
文字サイズ標準
文字サイズ大
フォントサイズ特大
  • ご来院のみなさまへ
  • 診療部門のご案内
  • 地域の医療関係者さまへ
  • 病院のご案内
  • 採用情報
病院のご案内
ホーム > 病院のご案内 > 病院指標 > 平成29年度 病院情報の公表

平成29年度 病院情報の公表

病院情報の公表は、DPCデータに基づいて作成しています。

DPCは『Diagnosis<診断>・Procedure<処置(手術・検査含む)>・Combination<組み合わせ>』の頭文字をとったものです。

DPCの制度についてはこちらをご覧ください


病院情報の公表に使用したデータ 

・様式1・・診療録情報(傷病名、手術・処置・検査等、入退院情報など)

・様式4・・診療報酬請求情報(医科保険診療以外の診療の有無に係わる症例調査票)

・Dファイル・・診療報酬請求情報(診断群分類点数表による算定情報)

 

対象となるデータ
平成29年度4月1日~平成30年3月31日の間に退院した患者

 

集計対象外
・入院後24時間以内の死亡の患者
・生後7日以内に死亡した新生児
・労災(労働災害)、自賠責(自動車損害賠償責任保険)、自費、正常分娩、治験、先進医療の患者

診断群分類別患者数について

・診断群分類別患者数には、短期滞在入院基本料を算定している症例はDPC対象外の為、 カウントされません。

・最終的な自院の退院を持って1カウントとします。

・転院率(%)は、最終的な退院先が「転院」の患者の割合を示しています。

その他

・患者数が10未満の場合は‐(ハイフン)としています

・年齢は、入院時点での年齢です



平成29年度 病院情報の公表
年齢階級別退院患者数 ファイルをダウンロード

<定義>

H29年度に当院を退院された患者さんを10歳刻みで集計しました。

退院患者さんを年齢階級別に集計することにより、当院の患者構成や特徴を知ることができます。

 

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 446 223 248 349 426 715 1561 1961 1803 400

【解説】
当院は県内有数の地域医療支援病院であり、幅広い年齢層の患者さんに質の高い医療を提供しております。 H29年度のDPC算定退院患者数は8132人でした。

もっとも多いのは70代の患者さんで、70歳以上が全体の51.2%を占めます。

当院は周産期医療に力を入れているため、新生児や乳幼児の患者さんが多いのも特徴です。



診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで) ファイルをダウンロード

各診療科別に症例数の多いDPC14桁分類(DPCコード)ついて集計しました。

項目はDPCコード、名称、症例数、平均在院日数、転院率(%)、平均年齢を表示しており、それぞれの診療科がどのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。

 

■ 内科(総合内科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率
(%)
平均
年齢
患者用
パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 31 38.55 20.83 29.03 85.32
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 17 15.24 12.34 0 77.65
0400801499x001
肺炎等
(市中肺炎かつ75歳以上)
A-DROP1
15 16.53 13.51 26.67 86.33
130030xx99x40x
非ホジキンリンパ腫
化学療法
(リツキサン)
10 24.7 16.48 30 71.2
0400801499x002
肺炎等
(市中肺炎かつ75歳以上)
A-DROP2
- 13.5 15.12 0 86.38

【解説】
総合内科は唾液や食物などが食道に流れず、肺などの気管内に入ってしまい引き起こされる誤嚥性肺炎治療の患者さんおよび感染による肺炎の患者さんが多く、どちらも高齢になるほど重症化する傾向があります。
肺炎のA-DROPにつきましては、別表の成人市中肺炎の重症度別患者数等を参照ください。
その他にも、急性腎盂腎炎などの感染症に対する治療も多くなっております。
感染以外の疾患では、血液がんに対する化学療法等を実施しております。当院は血液学会認定研修施設に指定されており、他診療科と連携した集学的治療が可能です。
また、系列医療機関(昭和会クリニック)では、睡眠時無呼吸症候群の検査を行っており必要に応じて当院にて1泊検査入院を行っております。


■ 呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)

転院率

(%)

平均
年齢
患者用
パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍
(気管支鏡検査)
77 3.16 3.59 1.3 67.9
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 65 21.69 19.65 4.62 67.29  
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍
(化学療法有)
61 15.7 11.99 1.64 67.61
040040xx9906xx 肺の悪性腫瘍
(イレッサ・タルセバ・ジオトリフ)
14 17.64 18.31 0 69.5
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 14 32.5 20.83 42.86 83.36

【解説】
呼吸器内科では感染症、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺線維症や肺癌など幅広い呼吸器疾患の診断、治療を行なっています。 肺炎やCOPD急性増悪などによる重症呼吸不全も対応しております。
肺癌の診断は気管支鏡検査が中心となり、当院では1泊2日で行っております。当科での肺癌治療は化学療法(抗がん剤による治療)が中心となります。
また免疫チェックポイント阻害剤(オプジーボ・キイトルーダ・テセントリク:H29年度はDPC対象外)も適応患者には積極的に施行しています。
肺癌治療のみならず、呼吸器外科と緊密に連携しています。また、当院では外来化学療法室があり、化学療法を受けられる患者さんやご家族への支援、投与管理等も行っております。


■ 循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)

転院率

(%) 

平均
年齢
患者用
パス
050130xx99000x 心不全 20 30.5 17.71 20 79.55
050130xx9901xx 心不全 人工呼吸あり 30.33 19.53 22.22 78.22
050070xx99000x 頻脈性不整脈 32 7.71 40 88
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 13.6 11.21 0 70.8
050140xx99x01x 高血圧性疾患 36.25 19.26 25 86.25

【解説】
循環器内科の最も多い症例は、高齢者の慢性心不全の急性増悪による救急搬送された患者さんです。
循環・呼吸状態および全身状態の改善後に退院となります。
また在宅復帰を目的とした機器(ASV※、CPAP※など)の導入も行っています。
狭心症の治療では、冠動脈造影MDCT診断が放射線のレベルアップによる解析の迅速化で従来より詳細な画像診断が可能となっております。
また深部静脈血栓症に対する抗凝固療法も積極的に行っております。

※ASV:適応補助換気療法(鼻または口鼻マスクを介して気道の開存を保ち、無呼吸時に自動的に呼吸補助を行う装置)
※CPAP:経鼻的持続陽圧呼吸療法(空気の風圧により気道の開存を保ち、気道閉塞を防ぐ装置)


■ 消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)

転院率

(%) 

平均
年齢
患者用
パス
060102xx99xxxx 大腸憩室疾患(炎症など) 33 6.42 7.87 3.03 66.58
060340xx03x00x 胆石、胆管炎(内視鏡手術) 22 16.32 10.61 13.64 69.68
060210xx99000x イレウス(腸閉塞) 19 9.21 8.98 10.53 68.79
060210xx9910xx イレウス(腸閉塞)
イレウスチューブあり
17 16.53 13.52 11.76 69.94
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患
(良性腫瘍を含む。)
16 3.75 3.02 0 74.5

【解説】
消化器内科では、食道から大腸、肛門までの検査・内視鏡手術・化学療法・放射線療法を行っています。
専門医が高度な画像診断技術を用いた超音波内視鏡検査や高速CT検査などで、積極的にがんの早期発見に取り組んでおります。 また、外科と連携し根治術など早期対応が可能な点が当科の大きな強みです。
上記表の疾患の他に特に力を入れている治療が【胆のう・膵臓疾患】、【小腸カプセル内視鏡】、【食道・胃・大腸(早期)がんの内視鏡手術】、また肝臓専門医による【C型・B型ウイルス肝炎を含む肝炎治療】です。
昨今、テレビ等で悪性疾患(消化器がん)による著名人の訃報も多く、病気の早期発見・治療が健康維持の秘訣となります。
吐血・下血・腹痛・食欲不振・全身倦怠感・黄疸(身体や眼球が黄色くなる)など、症状がでた際は早急な治療が必要な場合があります。 (消化器内科の入院で最も多い症例は、結腸ポリープに対する内視鏡的ポリープ切除術ですが、短期滞在手術基本料3を算定しているためこの一覧には表記されていません)


■ 神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)

転院率

(%) 

平均
年齢
患者用
パス
010060x2990401 脳梗塞
(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)
31 28.97 16.38 29.03 70.16
010160xx99x00x パーキンソン病 31 22.06 18.66 19.35 78.03  
010160xx99x10x パーキンソン病 SPECT検査 30 18.83 20.55 26.67 74.2
030400xx99xxxx 前庭機能障害 23 8.48 5.15 0 72.83
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 15 16.4 9.99 13.33 44.13

【解説】
神経内科でもっとも多い症例は、脳梗塞とパーキンソン病の患者さんです。
平均年齢も70歳を超えており、高齢化とともにこれらの疾患は更に増加すると推測されます。
頭痛・めまい・しびれ等の症状や脳卒中・パーキンソン病・アルツハイマー型認知症等の一般神経内科領域の治療から難病疾患治療、急性期神経疾患の救命救急医療・急性期リハビリテーションまでの多岐にわたる神経内科診療を行っております。


■ 外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)

転院率

(%) 

平均
年齢
患者用
パス
060035xx99x60x 大腸癌 化学療法
(アバスチン)
51 3.78 4.47 0 68.1
060335xx02000x 胆のう炎 腹腔鏡下摘出術 30 9.8 7.40 0 62.1
060035xx0101xx 大腸癌 腹腔鏡下手術 23 33.39 30.71 8.7 73.57
060035xx99x70x 大腸癌 化学療法
(ベクティビックス)
15 6.73 4.88 0 66.47
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術
(開腹・腹腔鏡)
14 9.29 5.56 0 52.57

【解説】
外科では胃・大腸・肝臓・胆のう・膵臓といった消化器全般から甲状腺・乳腺に至るまで、がんを中心に診断から治療(手術・化学療法・放射線療法等)まで行っています。
また、他部位のがんを合併していたり、心筋梗塞・腎不全等の合併症を有する場合にも他の診療科と連携した総合的な診断・治療ができる点が大きな強みです。
その他にも、鼡径ヘルニア・虫垂炎・胆石胆のう炎に対する手術・治療も数多く行っています。


■ 呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)

転院率

(%) 

平均
年齢
患者用
パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍(手術有) 110 14 12.35 1.82 71.78
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍(手術無) 21 8.38 14.60 0 68.05
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍(気管支鏡検査) 14 3.86 3.59 0 69.93

気管
支鏡

040200xx99x00x 気胸(手術無) 14 7.79 9.14 7.14 41.71
040200xx01x00x 気胸(手術有) 11 7.36 10.04 0 27.27

気胸
手術


【解説】
呼吸器外科では主に肺癌の手術を行っており、肺癌症例は年間100件以上施行しております。
早期のがんに関しては、より低侵襲な胸腔鏡下手術が80%を占め、肺温存を目指し区域切除も積極的に行っています。
縦隔リンパ節転移陽性例や隣接臓器へ直接浸潤した、いわゆる進行肺癌に対しても、術前補助療法を行ったのちに積極的に外科治療の可能性を探求する姿勢をもっており、症例群によっては手術によって満足のいく結果を得ています。
切除が困難な症例に関しては、呼吸器内科および放射線科と協力し集学的治療(手術のみならず、化学療法、放射線治療ならびに免疫療法)を行っております。


■ 整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)

転院率

(%) 

平均
年齢
患者用
パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 手術あり 150 45.71 27.09 79.33 83.2
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 89 41.2 19.94 49.44 79.72 2
070350xx01xxxx 椎間板変性、ヘルニア
椎間板摘出
45 20.42 10.54 6.67 51.73
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 42 15.62 5.21 14.29 62.1
160690xx01xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)
脊椎固定術
32 47.88 33.95 59.38 66.06

【解説】
整形外科では、大腿骨骨折、四肢の骨折、胸腰椎骨折など外傷での緊急入院が多くみられます。
年々高齢の患者さんが増加傾向で、循環器疾患、糖尿病、認知症などの合併症をかかえている方も多く、他診療科専門医と連携したサポート体制で最善の手術が行えるよう努めています。
外来からの入院、手術、リハビリテーション、転院調整、在宅復帰を目指した支援までをチーム医療で提供しております。 また、24時間救急体制をとっており、時間外の手術も多く実施しております。
※なお、労働災害や自動車損害賠償責任保険を使用した症例件数は表には含まれておりません。


■ 形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)

転院率

(%) 

平均
年齢
患者用
パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 41 5.66 3.29 0 62.68
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 腫瘍摘出術 37 4.68 4.14 0 42.3
160200xx0200xx 顔面損傷 鼻骨骨折整復固定術等 25 6 5.60 0 27.8
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍 腫瘍摘出術 22 7.18 5.80 0 50.32
070590xx97x0xx 血管腫、リンパ管腫 手術あり 14 2.93 7.18 0 19.5

【解説】
形成外科では、先天性および後天性の体の表面的な形や色の異常に対する治療を行っています。
当院では、眼瞼下垂症や皮膚腫瘍、顔面骨の骨折に対する手術が多く行われており、外科と共同して、乳癌に対する切除後の遊離皮弁や人工乳房による乳房再建術も行っています。
整形外科と連携した指切断症例も度々あり、顕微鏡下で神経・血管・骨・腱等をつなぐ再接合術等のハイレベルな緊急手術にも対応しています。
その他、褥瘡や皮膚潰瘍、腋臭症(ワキガ)治療、乳幼児の母斑に対する内服加療等も行っています。


■ 脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)

転院率

(%) 

平均
年齢
患者用
パス
010030xx9910xx 脳動脈瘤 血管造影検査 33 3 3.14 0 58.73
160100xx97x00x 頭部外傷 手術あり 31 19.19 9.68 12.9 79.74
160100xx99x00x 頭部外傷 手術なし 30 17.3 7.34 6.67 68.93
010030xx03x00x 脳動脈瘤 脳血管内手術 14 22.36 9.95 0 60.57
010070xx9912xx 脳血管狭窄
血管造影+脳血流検査
14 5.43 5.62 0 63.86

【解説】
脳神経外科ではここ数年、地域の医療機関との連携を行い、診断が難しい脳血管障害症例の確定診断や根治術の適応判定に関して、脳血管造影や脳血流検査などの紹介が増加しております。
脳動脈瘤や脳血管の狭窄症に対して検査、手術等の治療行っており、頭部外傷・脳卒中等の緊急を要する疾患は、24時間対応しております。
他にも、発症後数時間の超急性期脳梗塞治療として、血栓回収術を行っております。
脳の病気は重篤な症状・後遺症を残す可能性があるため、早期発見・治療することがとても重要です。


■ 小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)

転院率

(%) 

平均
年齢
患者用
パス
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 55 6.55 6.03 0 1.38
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 48 6.52 5.70 0 2.79
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 20 5.25 5.50 0 5.5
040100xxxxx00x 喘息 10 5 6.32 0 6.6
100060xx99x100 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)
(末梢循環不全なし。)
11.33 13.34 0 8.56

【解説】
小児科では、急性肺炎、急性気管支炎、腸炎や喘息などが入院適応例です。
初発糖尿病の教育入院や血糖コントロール目的の入院、また成長ホルモン等の内分泌疾患の検査やフォロー等で専門治療を必要とする患者様が多いのも特徴です。
入院では医療保育専門士による様々なサポートも行っており、お子さんとご家族を対象とした専門的な保育を通じて、本人と家族のQOL(生活の質)の向上を図っております。


■ 新生児内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)

転院率

(%)

平均
年齢
患者用
パス
140010x299x2xx

低出産体重に関連する障害
シナジス投与

51 29.41 27.18 0 0
140010x399x2xx 極低出産体重に関連する障害
シナジス投与
38 39.87 51.17 5.26 0
140010x299x0xx 低出産体重に関連する障害 19 19.53 11.49 0 0
140010x297x2xx 極低出産体重に関連する障害
蘇生術あり シナジス投与
15 40.67 34.34 0 0
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害
(出生時体重2500g以上)
13 9 6.18 0 0

【解説】
新生児内科では、他病院と連携して地域の周産母子医療を担っております。
極低出産体重児(出生時体重1000g以上1500g未満)や低出生体重児(出生時体重1500g以上2500g未満)で生まれてくる新生児に対して、人工呼吸管理や光線療法を行い、また早期からリハビリを実施することにより、運動機能の発達の遅れを取り戻し、発育向上に努めております。
退院後も系列医療機関にてフォローアップ外来で引き続き治療を行っております。


■ 眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)

転院率

(%)

平均
年齢
患者用
パス
020200xx99x4xx 黄斑、後極変性 硝子体注射 78 2.03 2.47 0 77.59 1
020210xx99x1xx 網膜血管閉塞症 硝子体注射 75 2 2.56 0 74.57 1
020180xx99x2xx

糖尿病性増殖性網膜症
硝子体注射

74 2.08 2.62 0 65.16 1
020250xx97xxxx 翼状片 手術あり 25 2.16 3.30 0 72.2 2
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり(片眼) 21 7.14 10.21 0 57.19

【解説】
眼科では、難治性症例の白内障手術を多数行っている他、先進医療である遠近両用レンズ(多焦点レンズ)を用いた白内障手術も行っています。
また、網膜動静脈の閉塞に対する硝子体注射や、糖尿病性の網膜疾患に対する手術も多数実施しています。
近医の開業医と連携しながら、よりよい治療を目指しております。
(白内障手術は昨年度1163件と、件数では1番多い症例ですが、短期滞在手術基本料3を算定しているため、この一覧には表記されていません。)。


■ 耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)

転院率

(%)

平均
年齢
患者用
パス
030230xxxxxxxx

扁桃、アデノイドの慢性疾患

手術あり

82 7.51 8.01 0 23.05
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 手術あり 80 7.19 7.23 0 50.83 鼻OPE
030428xxxxxxxx 突発性難聴 高気圧酸素療法 66 9.61 9.18 0 51.65
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍 手術なし 41 5.78 5.48 0 44.44
030320xxxxxxxx 鼻中隔弯曲症 手術あり 14 6.93 6.83 0 43.79 鼻OPE

【解説】
耳鼻咽喉科では、慢性扁桃炎に対する口蓋扁桃手術や、慢性副鼻腔炎・アレルギー性鼻炎に対する内視鏡下の鼻手術が上位を占めております。
また、突発性難聴では高気圧酸素(気圧の高いカプセル内で100%酸素を注入し全身に酸素を供給する)治療を行っております。
咽喉頭急性感染症に対して入院治療も行っており、その他、顎下腺唾石症、頚部のう胞の手術治療も行っております。


■ 皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)

転院率

(%)

平均
年齢
患者用
パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 18 10.17 8.95 0 69.11
080011xx99xxxx 急性膿皮症 14 9.79 11.73 0 67.57
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹 17.33 10.89 0 53
080110xxxxx0xx 水疱症 42.67 29.24 66.67 75.67
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 21.33 19.01 0 71.67

【解説】
皮膚科では主に帯状疱疹や皮膚膿瘍、蜂巣炎の患者さんが多いです。
他に湿疹、アレルギー疾患、細菌、真菌、ウイルス感染症、膿瘍性疾患など皮膚疾患全般の治療を行っております。
総合病院のメリットを活かす他診療科入院中の皮膚科診察を積極的に受けており、主に白癬・熱傷・褥瘡や化学療法の副作用による薬疹の治療や、長期寝たきり患者さんのスキンケアなど多岐にわたります。


■ 泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)

転院率

(%)

平均
年齢
患者用
パス
110070xx0200xx 膀胱癌 経尿道的手術 74 10.76 7.31 0 75.35
110080xx01x0xx 前立腺癌 悪性腫瘍摘出 39 13.05 12.92 0 69.13
110200xx02xxxx 前立腺肥大症 経尿道的手術 25 11.64 9.73 0 76.24 TUR-P
110310xx99xx0x 腎盂腎炎 手術なし 24 8.29 12.34 16.67 69.88
110060xx99x20x 腎癌 化学療法 22 13 11.29 0 75.27

【解説】
泌尿器科では主に膀胱・前立腺・腎の悪性腫瘍から前立腺肥大症や腎盂腎炎の治療を行っております。
悪性腫瘍に対して化学療法・手術療法・放射線療法と多彩な治療の選択が可能です。
また、男性の高齢者に多く見られる前立腺癌のPSA検査や前立腺針生検入院も行っており、その後も腹腔鏡手術や密封小線源治療を含む放射線治療、一貫した治療が可能です。
(前立腺針生検の入院症例数は短期滞在手術基本料3を算定しているため、この一覧には表記されていません。)


■ 産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)

転院率

(%)

平均
年齢
患者用
パス
120180xx01xxxx

胎児及び胎児付属物の異常

手術あり

29 10.41 9.75 3.45 30.24
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 25 28.76 20.41 12 27.96
120160xx01xxxx

妊娠高血圧症候群関連疾患

手術あり

11 17.27 13.81 0 34.36
120260xx01xxxx 分娩の異常 手術あり 10.89 9.67 20 30.44
120180xx99xxxx

胎児及び胎児付属物の異常

手術なし

4.8 6.70 0 33.2

【解説】
産科は、骨盤位※、前置胎盤※などの場合に分娩を安全に終了させるために帝王切開術を行います。
新生児内科があることから地域周産期母子医療センターとしてリスクのある妊娠(早産・多胎妊娠・高齢出産等)・分娩管理や一次医療機関からの母体搬送の受け入れを行っております。
また、母体及び胎児の状況で緊急時の帝王切開も対応しています。
※骨盤位・・・産道からみて胎児の頭部より骨盤部が先進している状態(逆子)
※前置胎盤・・・骨盤が正常より低い位置に付着し、胎盤が子宮の出口(内子宮口)にかかっていたり覆っていたりする状態
(正常分娩は保険適応外のため、症例件数には含まれておりません)


■ 婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)

転院率

(%)

平均
年齢
患者用
パス
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 DC療法※ 29 3.72 4.75 0 76.62
120010xx99x40x

卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍

化学療法あり

24 3.04 5.02 0 66.71
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 開腹手術 15 9.53 9.91 0 45.87
120010xx99x70x

卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍

アバスチン

14 3.5 4.63 0 64.5
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 腫瘍摘出 11 6.27 6.37 0 40.73

【解説】
婦人科では、子宮筋腫、悪性腫瘍に対して子宮全摘術や子宮付属器摘出術も行っており、症例数も多く推移しております。
また、子宮癌検診や月経困難症、更年期障害などの一般外来から化学療法を使った治療や、緊急時の対応に備え24時間救急体制をとっております。
化学療法入院は短期治療(主に2泊3日)を積極的に行っており、全国の在院日数と比較し短くなっております。

※DC療法:ドセタキセル+カルボプラチンを併用した化学療法


初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数 ファイルをダウンロード

<定義>

患者数は期間内の退院患者数とする(平成29年4月1日~平成30年3月31日)

・入退院を繰り返している場合は入院回数分を集計する

・新規治療法の一部はDPC制度対象外のため、集計対象外とする

・患者数が10未満のものは-(ハイフン)とする


初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 10 13 - - - 11 1 7
大腸癌 -
27 16 65 - 69 1 7
乳癌 - - - - - 14 1 7
肺癌 90 20 -
101 - 115 1 7
肝癌 - - - - - 12 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約


【解説】
公表定義の関係上、乳癌と肝癌がハイフン表示となっています。
当院は【地域がん診療連携拠点病院】として5大がんだけでなくそれ以外のがんも内視鏡治療、鏡視下手術、外科手術、抗がん剤治療、放射線治療など総合的な治療を実施しており、患者さんの希望・状況にもっともふさわしい治療の選択が可能です。(ホームページ内がん登録集計もご覧ください)
また、がん相談支援センターを設置し、がんに対する質問や相談に応じています。
なお、がん患者さんやご家族が、病気や心の悩み、体験等を気軽に語り合い、思いを共有する場として、ほっとサロン今給黎を毎月開催しております。
医師、看護師、その他専門職、全職員でサポートし、全ての患者さんに【いつもそこにある安心】をお届けできるよう最善を尽くしています。


成人市中肺炎の重症度別患者数等 ファイルをダウンロード

<定義>
様式1の「入院の契機となった傷病名に対するICD10」および「医療資源を最も投入した傷病名に対するICD10」がどちらも「J13」~「J18$」で始まるもののうち、年齢が20歳以上で様式1の「肺炎の重症度」の7桁目が「5:市中肺炎」の場合。

下記項目にて1項目該当=1点、2項目該当=2点とし、その合計点数にて分類されます。

 

肺炎重症度分類(A-DROP)
 Age(年齢)  男性70歳以上、女性75歳以上
 Dehydration(脱水)  BUN 21mg/dL以上または脱水あり
 Respiration(呼吸)  SpO2<=90%(PaO2 60Torr 以下)
 Orientation(意識障害)  意識障害あり
 Pressure(収縮期血圧)  収縮期血圧90mmHg以下
ただし、ショックがある場合は、合計点数に関わらず「超重症」に分類されます。

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 15 8.93 53.13
中等症 84 17.01 80.56
重症 13 18.92 83.03
超重症 - - -
不明 - - -

【解説】
市中肺炎とは普段の社会生活の中でかかる肺炎のことです。
この指標では細菌による肺炎を集計しているため、インフルエンザウイルスなどのウイルスによる肺炎や誤嚥による肺炎などは集計対象外です。当院では軽症および中等度の患者数が多く、高齢になるほど重症化し、入院日数が長くなります。
治療は、急性呼吸不全の管理、薬剤投与が中心となります。最新の機器(人工呼吸器、NPPV、ネイザルハイフロー等※)を活用し、様々な病態に応じた呼吸管理を行っています。

※NPPV(非侵襲的陽圧換気療法):気管切開や気管挿管をすることなく、マスクを介して換気を行う治療法です。
※ネイザル・ハイフロー:鼻のカニューレにより高流量(30-60L/分)の酸素を流す治療法です。

今回の集計では主な疾患が肺炎の場合に集計対象となっているため、基礎疾患(がんや脳卒中、糖尿病など)をお持ちで肺炎を併発された患者さんは肺炎として集計されていない場合があります。このため、実際の市中肺炎の患者数は集計値よりも多いです。


脳梗塞のICD10別患者数等 ファイルをダウンロード

脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率(%)を集計しました。

・最も医療資源を投入した傷病名のICD-10コードの上3桁で集計しています。

 

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢

転院率(%)

3日以内 88 32.2 76.33 30.63
その他 23 27.65 79.65 9.91

【解説】
当院では発症3日以内の入院が多く、超急性期治療~急性期の検査・治療、脳梗塞後遺症に対する胃瘻造設術等、幅広く治療を行っております。
脳SPECTや脳血管造影等の検査や、血栓溶解療法、脳保護療法、抗脳浮腫療法、抗血栓療法、リハビリテーション等の治療を行い、再発予防に努めてます。
また、発症して間もない超急性期脳梗塞に対しては、t-PA療法や脳神経外科と連携した緊急手術実績もあります。


診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで) ファイルをダウンロード

診療科別の主要手術(上位3位)について、患者数、術前術後の平均在院日数、転院率、平均年齢について集計しました。

・厚生労働省が定める、医科点数表に基づくKコード・名称を使用しています。

・各診療科別に手術件数の多い順に3つ選択。但し軽微な手術、件数が10件未満及び、臓器移植については集計対象外です。

・複数の手術を同時に行った場合、主たる手術(又は点数の高い手術)を集計しています

 

■ 外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数

転院率

(%)

平均
年齢
患者用
パス
K634 鼠径ヘルニア手術(腹腔鏡下) 49 1.27 4.18 0 64.47
K672-2 胆のう摘出術(腹腔鏡下) 36 3.61 7.39 0 62.19
K6335 鼠径ヘルニア手術(腹腔鏡下(開腹) 14 0.86 5.07 0 65.64
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 14 1.21 7.07 0 52.57
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 12 5.17 17.33 33 73.17

【解説】
外科では胃・大腸・肝臓・胆のう・膵臓といった消化器全般から甲状腺・乳腺に至るまで、がんを中心に診断から治療(手術・化学療法・放射線療法等)まで行っています。
また、他部位のがんを合併していたり、心筋梗塞・腎不全等の合併症を有する場合にも他の診療科と連携した総合的な診断・治療ができる点が大きな強みです。
その他にも、鼡径ヘルニア・虫垂炎・胆石胆のう炎に対する手術・治療も数多く行っています。
2017年の年間手術症例は274例で、そのうちがんの切除は93例でした。がん治療の基本方針は根治切除であり、切除可能な場合は切除が第一選択となります。


■整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数

転院率

(%)

平均
年齢
患者用
パス
K0461 骨折観血的手術(大腿・上腕) 115 8.31 33.27 68.7 80.2  
K0811 人工骨頭挿入術(股) 80 9.64 35.04 75 81.8
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) 70 13.61 37.7 61.43 66.36
K0462 骨折観血的手術(下腿) 56 4.54 23.57 19.64 66.52
K134-22 内視鏡下椎間板摘出(切除)術(後方摘出術) 48 5.83 15.94 10.42 53.04

【解説】
整形外科では、大腿部の骨折をはじめとする四肢の骨折、胸腰椎骨折に対する手術を多く行っています。
高齢者による転倒や転落による受傷が多く、高齢による骨粗鬆症も要因の一つです。
2017年の整形外科の手術実績は1062件で前年に比べ150件増加しました。
脊椎・脊髄疾患に対する手術(脊椎固定術・内視鏡下手術等)も29年度は370件行っています。
事故外傷等による高度な脊髄損傷、胸腰椎骨折、頭部外傷等の緊急手術にも対応できるよう専門医と連携し、24時間の救急体制を取っています。
※なお、労働災害や自動車損害賠償責任保険を使用した手術件数実績は表には含まれておりません。


■形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数

転院率

(%)

平均
年齢
患者用
パス
K2191

眼瞼下垂症手術

(眼瞼挙筋前転法)

28 0.25 4.39 0 61.32
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 23 0.39 5.83 4.35 41.91
K0301

四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術

(躯幹)

23 0.7 5.13 0 52.39
K0021

デブリードマン

100 cm2 未満)

16 11.06 52.19 31.25 56.88
K0302 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(手) 13 0.54 8.85 0 52.92

【解説】
形成外科では、加齢や顔面麻痺等に伴って起こるまぶたのたるみを正しい位置に戻す眼瞼下垂症手術が多く行われています。
また、脂肪腫、粉瘤などの皮膚良性腫瘍や、悪性腫瘍に対する手術も行っています。
その他、切断された四肢の再接合手術、手術や怪我の自然治癒後に発生する拘縮(ひきつり)に対する手術、皮膚損傷、熱傷に対する植皮術、皮弁術等も行っています。
他科にはない特徴があり、1日でも早く日常生活に戻れることを最大の目的としています。


■脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率
(%)
平均
年齢
患者用
パス
K164-2

慢性硬膜下血腫洗浄・除去術

(穿頭)

22 0.32 19.64 18.18 79.73
K1781 脳血管内手術(1箇所) 15 4.67 17.13 0 62.2
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - 2.63 8.88 0 74.25
K1771

脳動脈瘤頸部クリッピング

(1箇所)

- 6.25 26.0 0 50.25
K178-2 経皮的脳血管形成術 - 14.25 14.5 0 75.75

【解説】
慢性硬膜下血腫は頭部打撲後やアルコールを多く飲まれる方、高齢者に多く見られます。
高齢化の影響で近年増加傾向にあります。慢性硬膜下血腫の症状として記憶力低下、頭痛や片麻痺等があり、タイミングを逸することなく治療が行われることで完治しやすい病気です。
脳血管内手術はくも膜下出血の原因にもなる脳動脈瘤に対しての手術で、脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血を予防する手術です。



■呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率
(%)
平均
年齢
患者用
パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術
(肺葉切除又は1肺葉を超える)
39 1.97 10.97 0 71.87
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術
(部分切除)
28 3.5 8.46 3.57 73.21
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術
(区域切除)
18 2.11 10.78 0 72.17
K5143 肺悪性腫瘍手術
(肺葉切除又は1肺葉を超える)
15 4.27 14.8 6.67 64.87
K5131 胸腔鏡下肺切除術
(肺嚢胞手術(楔状部分切除))
11 5 8.18 0 30.36  

【解説】
呼吸器外科では主に肺癌手術で完全鏡視下手術を行っており、肺癌手術は年間100件以上施行しております。
早期のがんに関しては、より低侵襲な胸腔鏡下手術が80%を占め、肺温存を目指し区域切除も積極的に行っています。
その他、気胸・膿胸・胸部外傷等の手術・治療にも力を入れております。



■新生児内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率
(%)
平均
年齢
患者用
パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 33 0.03 25.61 9.09 0
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 10 0 40.1 10 0

【解説】
新生児内科では、新生児仮死蘇生術の症例が多くなっています。
新生児仮死蘇生術(仮死1度)は、軽度仮死状態(出生時に心停止や呼吸停止を伴わない状態)で元気のない新生児に対する蘇生処置です。
新生児仮死蘇生術(仮死2度)は、重度仮死状態(心停止や呼吸停止を伴う状態)で出生した新生児に対する蘇生処置です。



■眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率
(%)
平均
年齢
患者用
パス
K2821ロ 水晶体再建術
(眼内レンズを挿入する場合)(その他)
830 0.04 2.45 0.72 75.66  
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術
(網膜付着組織を含む)
51 0.29 5.08 0 65.94  
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術
(その他)
32 0.06 4.56 0 74.06  
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) 21 0 1.14 0 71.14  
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 13 0.08 2.85 7.69 82.23  

【解説】
眼科では、白内障の難治性症例に対する紹介が多く、手術も白内障が大部分を占めています。
また、糖尿病網膜症手術や、網膜剥離に対する硝子体手術が多数行われています。
アイリーアやルセンティス等の硝子体注射は手術項目ではないため、件数の表示はありませんが、白内障手術の次に多く行われています。



■耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率
(%)
平均
年齢
患者用
パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 67 1 5.87 0 27.16
K340-5

内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型

(選択的(複数洞)副鼻腔手術)

43 1 5.12 0 49.47
K340-6

内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型

(汎副鼻腔手術)

26 1 5.96 0 53.27
K300 鼓膜切開術 16 3.31 5.81 0 60.56
K340-4

内視鏡下鼻・副鼻腔手術2型

(副鼻腔単洞手術)

16 1 5.25 0 58.5

【解説】
耳鼻咽喉科では、慢性扁桃炎に対する口蓋扁桃摘出手術が最も多い手術です。
慢性副鼻腔炎に対する手術は、以前のように口の中から粘膜を切開して骨を削るような手術はほとんど行わずに、全身麻酔下に内視鏡を使ってテレビモニターで観察しながら鼻の中の手術を行っております。
また、声帯ポリープや良性腫瘍などに対して直達喉頭鏡を用いて声帯ポリープ切除術も行っております。



■泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率
(%)
平均
年齢
患者用
パス
K8036イ

膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用)

78 1.88 8.55 1.28 75.15
K843-2 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術 46 1.28 11.02 0 69.76
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 37 1.51 10.92 8.11 71.59  
K8411

経尿道的前立腺手術

(電解質溶液利用)

28 1.96 8.5 0 76.04
K7811

経尿道的尿路結石除去術

(レーザー)

20 1.2 7.5 5 62.4

【解説】
泌尿器科で上位3つの手術は膀胱・前立腺・腎の悪性腫瘍手術です。
前立腺・腎の悪性腫瘍は腹腔鏡下で手術することにより開腹で手術するより傷が小さく入院期間は10日間ほどと短いことが特徴です。
この他にも前立腺肥大症・尿管結石症等の手術も多く、最近では骨盤臓器脱に対して腹腔鏡下仙骨膣固定術も行っております。



■消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率
(%)
平均
年齢
患者用
パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ切除術 176 0.67 1.49 0 67.36  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 31 4.39 23.94 16.13 78.81
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD) 17 3.29 15.41 23.53 69.76
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 10 0.9 8.5 0 75.2
K654 内視鏡的消化管止血術 10 5.3 16.4 20 67.6

【解説】
消化器内科では、内視鏡による大腸ポリープ切除術、胃瘻造設術、消化管出血に対する緊急上部(胃)・下部(大腸)止血術、消化管内の異物除去術など多岐にわたっており、【食道・胃・大腸癌の早期切除術】や【胆嚢・膵臓疾患】の手術に特に力をいれております。
また、日本内視鏡学会認定内視鏡技師が4名常勤し、安全性と質の高い医療を提供することができます。。



■産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率
(%)
平均
年齢
患者用
パス
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 39 5.67 9.05 2.56 32.08
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 19 11.89 8.26 0 32.37
K904 妊娠子宮摘出術(ポロー手術) - 0 7 0 29

【解説】
産科は、経膣分娩では危険だと判断された場合等で、母体及び胎児の状況に応じて帝王切開を選択します。
正常分娩はもちろん、早産や高齢出産などリスクの高い分娩にも対応可能で、年間100件以上の母体搬送を受け入れております。



その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率) ファイルをダウンロード

<定義>
様式1の「医療資源を最も投入した傷病名に対するICD10」が、診断群分類の「130100」(播種性血管内凝固症候群)、「180010」(敗血症)、「180035」(その他の真菌感染症)、「180040」(手術・処置等の合併症)のいずれかに該当する場合に集計対象となります。
なお、様式1の「入院の契機となった傷病名のICD10」から判断される診断群分類(頭6桁)が「医療資源を最も投入した傷病名に対するICD10」から判断される診断群分類(頭6桁)と同じであれば「同一」行に、異なる場合は「異なる」行に集計します。

 

DPC 傷病名 入院契機 症例数

発生率

(%)

130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 14 0.17
180010 敗血症 同一
異なる 21 0.26
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 55 0.68
異なる 11 0.14

【解説】
入院時の疾患名と退院時(請求時)の疾患名が異なるのは、入院中に基礎疾患が重症化しDICや敗血症を引き起こすためです。
また、この集計は「医療資源を最も投入した傷病名」が上記である場合のみ対象となっていますので、実際の発生数とは異なります。
「手術・処置等の合併症」の詳細は、当院で手術または処置後に発生した合併症が50症例、他院で手術または処置後に発生し、治療目的で紹介を受けた症例が14症例、薬剤等によるアナフィラキシーが2件ありました。
ここでの合併症とは「手術や処置・検査の後にそれらが元になって起こることのある病気」であり、医療過誤とは異なります。
手術によって併発する病気は様々ですが、注意深く手術等をおこなっても防ぐことができない場合もあります。
特に高齢者や糖尿病、慢性肺疾患等のある患者さんは発生しやすくなります。
当院では起こりうる合併症等を手術や検査施行前に患者さんにお伝えし、十分理解された上で施行するよう努めています。


更新履歴 

2018/9/26

今給黎総合病院 平成29年度 病院情報を公開しました。

〒892-8502 鹿児島市下竜尾町4番16号



モバイルサイトはこちら(QRコード)